人気ブログランキング |
<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
今年もまた コアジサシ がやってきました
今年もまたコアジサシがやってきました。今年最初にコアジサシを見たのは今月(4月)の中旬ですが、写真撮影は今日が初日でした。

薄曇りで日差しが弱く、鳥さんの目にくっきりと光の入った写真が撮れませんでしたが、またそのうち撮りたいと思います。
e0088233_23275917.jpg

下の2枚は連射(といっても2枚/秒)です。小魚が取れています。
e0088233_23332233.jpg
e0088233_23334191.jpg

上の写真の部分拡大(等倍画像)。わかりにくいですが、クチバシに小魚をくわえています。
e0088233_23351791.jpg

下の2枚は別々のダイビングですが、いずれも小魚が捕れています。きちんと数えてはいませんが、ダイビング写真の半分程度は小魚が捕れているかもしれません。
e0088233_071924.jpg
e0088233_073733.jpg

ダイビング直後の水切り。体をひねって回すように振って羽についた水を振り落とします。
e0088233_23363365.jpg

防波堤から一斉に飛び立ったところ。かなりいい加減ですが、全部で30羽程度だったような感じです。
e0088233_23395471.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50


すべて1273mm。最後の写真だけ、ノイズ低減処理、アンシャープマスク処理。
by cbx400fk2 | 2010-04-30 23:32 | コアジサシ
港のホシハジロ さんたちと 季節外れのオナガガモ さん
港のホシハジロさんたち(右と中央)と季節外れのオナガガモさん(左)です。普段、港のホシハジロさんたちは泳いで10分ほど下流の港に、季節外れのオナガガモさんはもう少し上流にいることが多いですが、この場所は両方のカモさんたちの行動範囲が重なる場所です。みなさん、右の翼を傷めていて飛べません。
e0088233_20364829.jpg

羽繕いするホシハジロさん(中央)にオナガガモさん(左)が何か言っているように見えます。
e0088233_20374923.jpg

カモさんたちが休んだり羽繕いしたりしている前で餌捕りをするコサギさん。
e0088233_2130470.jpg

ホシハジロさんたちも羽繕いを終えると餌捕りをはじめました。ホシハジロは水にもぐって餌捕りします。
e0088233_22115578.jpg

そして、オナガガモさんも羽繕いをし、その後、上流のほうに戻っていきました。
e0088233_2212213.jpg
Pochard, Pintail, Panasonic Lumix FZ50


オナガガモさんの行動範囲にいた冬鳥のカモさんたちは帰ってしまったので、オナガガモさんは普段は一人でいます。たまにこうしてホシハジロさんたちと一緒になりますが、ホシハジロさんたちと一緒に港に行くことはありません。オナガガモさんにはどこまで下流にいくかの下流の限度、そしてホシハジロさんにはどこまで上流に行くかの上流の限度があるようで、それを超えているのを見たことがありません。
by cbx400fk2 | 2010-04-27 23:20 | カモ
夏羽の ダイサギ
クチバシが黒く、目のあたりが緑色になった夏羽のダイサギです。
e0088233_0253117.jpg
Large egret, Panasonic Lumix FZ50


ピントも露出も失敗した写真を補正しました(^^; 
by cbx400fk2 | 2010-04-27 23:17 | ダイサギ
アオサギ
海上を飛んでいるんですが、この写真ではそれはわかりませんね(^^;
e0088233_222257.jpg

アオサギに傾いた太陽の柔らかい光が当たっています。こちらは川で。
e0088233_014076.jpg
Grey Heron, Panasonic Lumix FZ50

1枚め、1017mm、2010年3月中旬撮影。
2枚め、714mm、2009年2月撮影。
by cbx400fk2 | 2010-04-27 23:15 | アオサギ
ツバメ
久しぶりのツバメ写真です。ツバメの飛翔写真は成功率が低いので、ツバメがたくさん飛び回っているような状況でないとトライする気がせず、こちらの写真以後、特に頑張ってはトライしていないのですが、きょう夏羽のユリカモメを撮っているときに、通りすがりのツバメが偶然そこそこに撮れたのでアップしておきます。

ユリカモメを撮っているときに撮ったはずですが、いつ撮ったか覚えていません(^^;
e0088233_0431591.jpg
e0088233_0442654.jpg

下の3枚は、以前、頑張って撮った写真。こちらの写真と同じときの撮影です。センター外れですが、もっと大きく撮れている写真もあるのでトリミングしてそのうちアップします。
e0088233_11469.jpg
e0088233_121492.jpg
e0088233_161078.jpg
House swallow, Panasonic Lumix FZ50 & 7


照準器で撮る場合、ファインダーを覗かずにカメラを向けるだけなので素早い対応ができます。次々と異なる被写体にカメラを向けられますが、その分1枚1枚をいつ撮ったかは記憶があいまいになることがあります。

1、2枚め、1273mm、FZ50で撮影。
3、4、5枚め、1010mm、FZ7で撮影(2007年8月)。
by cbx400fk2 | 2010-04-24 23:58 | ツバメ
夏羽の ユリカモメ
頭の羽が黒くなった夏羽のユリカモメです。
e0088233_02945.jpg
e0088233_0292914.jpg

e0088233_0295540.jpg

ほとんど全員夏羽になっているようです。
e0088233_0305473.jpg
Black-headed gull, Panasonic Lumix FZ50


1~3枚め、1273mm。4枚め 420mm。
by cbx400fk2 | 2010-04-24 23:48 | ユリカモメ
カルガモの飛翔 追いかけ その2
追いかけ その1 は、番(つがい)の形成に関係していそうでしたが、この記事の追いかけは縄張りに関係があるかもしれません。こちらは3羽で飛んでいるのですが、3羽で飛び立って、数百メートルの範囲を飛び回った後、またおおむね元の場所に戻ってきます。この行動も春の時期によく見ているような気がします。

3羽飛んでいます。ただの偶然かもしれませんが、なぜか3羽なのです。飛び立ったところ。
e0088233_22423240.jpg

飛び立って、またおおむね元の位置に戻ってくるところ。前を飛んでいる2羽を、最後尾の1羽が追っているようです。
e0088233_22483546.jpg

上の写真の前を飛んでいる2羽。最後尾の1羽は追うのをやめました。
e0088233_22522958.jpg

上の写真の2羽のうちの1羽。着水しようとしています。写真には入ってませんが、もう1羽も着水しようとしています。3羽が飛び立ってから、この着水まで30秒程度の追跡劇。
e0088233_2303529.jpg
Spotbill duck, Panasonic Lumix FZ50


前を飛んでいてワタクシめの近くに着水した2羽は番だと思います。最後尾を飛んでいた1羽が着水したあたりにも2羽のカルガモがいましたが、その2羽も番のはずです。最後尾を飛んでいたカルガモはその番のうちの1羽だと思われます。
3羽が飛び立った場所は、その最後尾のカルガモの番のいた付近でした。おそらくこの追いかけの理由は、2組の番が近づきすぎたため、一方の番(のうちの1羽)が他方の番を追い払ったということではないかと思います。池にいるカルガモには縄張り行動があるようなことをネット上で見ましたが、この写真を撮ったあたりは川の幅がすごく狭いので、池の場合と同じような縄張り行動があるのかもしれません。
by cbx400fk2 | 2010-04-24 23:37 | カモ
カルガモ の飛翔 追いかけ その1 (写真追加)
2羽のカルガモが同じようなところを行ったりきたり。1羽のカルガモがもう1羽のカルガモを追っかけているように見えます。写真を見ると前を飛んでいるほうが雌、後を飛んでいるほうが雄です。ただの偶然かもしれませんが、春の時期に何度も見ているような気がするので、番(つがい)の形成に関係しているかもしれません。
e0088233_23284235.jpg

着水してから、2羽とも何やら鳴いていました。2羽とも興奮気味に見えます。
e0088233_2329099.jpg

1枚めの写真の尾羽の部分の拡大。左が雄、右が雌。右の雌の尾羽の付け根あたりには、羽に白い縁取りがあります。こちらも参照。
e0088233_23452390.jpg

(追加写真)同じ2羽。この追いかけが求愛行動でないにしても、少なくとも争っているようには見えませんでした。
e0088233_22453262.jpg
Spotbill duck, Panasonic Lumix FZ50


何の根拠もない推測ですが、雌が嫌がって逃げているというよりも、雌が雄を試しているか、それとも、番の関係を深めているような行動に感じられました。繰り返しますが、これは何の根拠もないワタクシめの推測です。

写真はいずれも相当な露出オーバーの写真を大幅に補正しています。
by cbx400fk2 | 2010-04-24 23:01 | カモ
季節外れのオナガガモさん、餌捕り
季節外れのオナガガモさん」の餌捕りです。クチバシを川底のやわらかい泥に差し入れ、何かを探るようにクチバシを動かしていました。カルガモは貝やタニシを食べるようですが、このオナガガモさんもクチバシをやわらかい泥に入れてそういった餌を探していたのではないかと思います。
e0088233_2311279.jpg

かなり深く泥の中にクチバシを入れています。
e0088233_2313718.jpg

下の写真のように、ときどきクチバシを水面に平行にしてモグモグやってましたが、これは何かをクチバシの中に捕らえていて、泥だけを流していたのではないかと推測します。
e0088233_0584083.jpg


動画。泥の中の餌を探っているであろう様子がわかります。


Pintail, Panasonic Lumix FZ50

写真、動画いずれも714mmで撮影、3月下旬。
by cbx400fk2 | 2010-04-19 23:57 | カモ
2羽のツグミ
水たまりで水を飲む2羽のツグミ。色がぜんぜん違うのは、色が明るいほうの1羽にだけ光が当たっているからです。ツグミがケンカ(?)するのを何度か見たことがありますが、この2羽の間には緊張感が感じられなかったので番かもしれません。
e0088233_21462769.jpg

もっともツグミの雌雄の見かけたかは知りませんが、色が濃いほうが雄、ということが当てはまるとすれば、色の濃さとパターンのはっきり感から言って、左が雄、右が雌?
e0088233_21465338.jpg

同じ水たまりでムクドリと。
e0088233_21472723.jpg

この水たまりにはムクドリが波状的にたくさんやってきました。実はこちらと同じときの撮影です。
e0088233_21475012.jpg
Dusky Thrush, Panasonic Lumix FZ50

すべて1273mmで撮影、2008年1月。
by cbx400fk2 | 2010-04-19 22:14 | ツグミ