<   2010年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
カルガモ
本日5つめです。番ですが、ネット上にある雌雄の見分け方によると、上が雄、下が雌だと思われます。
e0088233_22393621.jpg


上の写真の部分的なアップ(明るさとコントラストをあげています)。
雌(下)は、尾羽の付け根あたりの羽に白い縁があるためウロコ状に見える。
雄(上)には白い縁がないので、茶色の無地に見える。
e0088233_23143719.jpg


別の番と思われるカルガモ。写真によっては番と思われる2羽の大きさが違うように見える写真もあります。ネット上にも雄のほうが大きいという情報があります。
e0088233_23383816.jpg
Spotbill duck, Panasonic Lumix FZ50

[PR]
by cbx400fk2 | 2010-03-28 22:47 | カモ
オカヨシガモ
3月上旬。オカヨシガモの群れがいました。オカヨシガモは海や川で他のカモに混ざって少数いるのは見かけますが、オカヨシガモ単独の群れはあまり見かけません。オカヨシガモのアップ写真はこちら

一斉に飛び立ったところ。一緒に飛んでいるのはユリカモメやセグロカモメ、オオセグロカモメ。
e0088233_13391022.jpg

上の写真の約0.5秒後。カモさんたちは右を向いて飛んでいますが、ユリカモメさんたちはこちら側に先回を始めています。
e0088233_18173663.jpg

群れの一部です。全体では100羽程度はいたかもしれません。後ろのほうにいるのは、セグロカモメやオオセグロカモメ。
e0088233_1340143.jpg
Gadwall, Panasonic Lumix FZ50

[PR]
by cbx400fk2 | 2010-03-28 22:43 | カモ
オオセグロカモメ
オオセグロカモメ。同じ鳥さんの別の写真からオオセグロカモメと判断しました。
e0088233_03127.jpg





Staly-backed Gul, Panasonic Lumix FZ50



ユリカモメとの大きさ比較。わかりやすく比較できる写真が見つからなかったので(どこかにあった気はするのですが)、とりあえずこの写真を載せておきます。離れた位置にいるオオセグロカモメ(写真奥)とユリカモメ(手前)を望遠レンズで撮っているので、大きさを比較する写真としては適してないと思いますが参考程度まで。
e0088233_1182439.jpg


ちなみに「色と大きさでわかる野鳥観察図鑑」の数値。コサギより大きいです。
オオセグロカモメ 全長 61センチ、翼開長137センチ。
ユリカモメ 全長 40センチ、翼開長93
キジバト 全長 33センチ、翼開長55センチ。
コサギ  全長 61センチ、翼開長98センチ。

1枚め 797mm。 動画 714mm
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-03-28 00:59 | カモメ
大型のカモメ の若鳥
大型のカモメの若鳥(または幼鳥)です。オオセグロカモメかセグロカモメだと思いますが、判別できません。
e0088233_2259587.jpg

近くにオオセグロカモメとセグロカモメの両方の成鳥が何羽もいたので、おそらくどちらかの若鳥か幼鳥だと思います。
e0088233_22592564.jpg

別のカモメの若鳥。茶色の割合が減っているので、たぶん上の鳥さんよりも早く生まれたのではないかと思います。
e0088233_18224738.jpg
Staly-backed Gul or Herring Gulll, Panasonic Lumix FZ50

[PR]
by cbx400fk2 | 2010-03-28 00:41 | カモメ
コサギの餌捕り (動画)
コサギは餌の捕り方にいろいろバリエーションがあります。動き回って餌捕りしたり、じっと待ち伏せしたり、水底で脚を揺すったり、クチバシで水面に波紋をつくったり。今回は水に入れた足を揺すって餌を捕るコサギです。

鳥さんの脚の動きに注目してください。




足のアップです。足を揺らすことで底に堆積した泥や柔らかいところを掘り返しているようです。




魚が捕れています。この足揺すり漁(勝手に命名)によって捕れた魚なのか、たまたま近くを泳いでいた魚なのかは不明です。




結構よく捕れているようです。でも上の動画の魚のような大きな獲物ではなさそうです。スローで見ても獲物自体は確認できません。でも何かを飲み込んでいるので何かが捕れていると思われます。



Little egret, Panasonic Lumix FZ50

[PR]
by cbx400fk2 | 2010-03-28 00:37 | コサギ
ユリカモメ
3月上旬。海にはまだ多くのユリカモメがいました。

海上を飛ぶユリカモメ。背景の海面に浮かぶ右3羽はユリカモメ、左端はたぶんオオセグロカモメ。
e0088233_226725.jpg

海面低くを飛ぶユリカモメ。画面中央の海面にポツンと浮かんでいるのはたぶんオオセグロカモメ。
e0088233_2263192.jpg

一番手前がユリカモメ。海面に浮かぶ茶色い鳥は オカヨシガモ。その後ろにユリカモメ。画面右下の、ユリカモメに混ざっている大きな鳥はたぶんオオセグロカモメ。
e0088233_2265066.jpg


誤って削除したIDと共に消えた動画を再アップしました。


海上から跳んできて波打ち際に着水するユリカモメ。
Black-headed gull, Panasonic Lumix FZ50


焦点距離、1枚めと3枚め1017mm、2枚めと動画714mm。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-03-23 23:05
いつもの アオクビアヒル さん 丸4年経ちました
久し振りに「いつものアオクビアヒル」さんです。このアオクビアヒルさんの写真を撮り始めてからこの3月で丸4年になります。最初はシロアヒルと一緒でしたが、シロアヒルがいなくなってからは、カルガモと一緒にいるのを見ます。アオクビアヒルさん、台風や大雪を乗り切ってきました。これからも少しでも長く元気でこの川にいて欲しいと思います。

2羽のカルガモと一緒。カルガモは番なのか、それとも雄同士、あるいは雌同士、いずれなのかはわかりません。
e0088233_23221896.jpg

お食事中の皆さん。川底には水草は生えていません。いったい何を食べているのかはっきりわかりませんが...
e0088233_22141166.jpg

タニシや貝なども食べるようなので、そういったのを捕っているのかもしれません。上の写真の動画。

Japanese Mallard Duck, SpotBill Duck, Panasonic Lumix FZ50


焦点距離、写真も動画も 714mm。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-03-22 00:45 | アヒル
海の ツグミ
海岸で餌捕りするツグミです。背景の海に浮かぶ白い鳥さんたちはユリカモメです。
e0088233_1201454.jpg

海岸の手前は草地。上の鳥さんとは別の鳥さん。数羽のツグミがいました。ツグミが鳴くのを久し振りに聞きました。
e0088233_1311294.jpg

別の鳥さん。こちらは波打ち際で餌捕りです。
e0088233_11202350.jpg

上の写真と同じ鳥さん。何かを見つけたようです。
e0088233_11273149.jpg

別の鳥さん。ツグミは草地の柔らかい土を掘って餌を探しますが、ここでは小石や貝殻を掘っています。
e0088233_11453513.jpg
e0088233_11455263.jpg
Dusky thrush, Panasonic Lumix FZ750

すべて1273mm。
1枚めだけ トリミング 2048 --> 1847 アンシャープマスク処理。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-03-21 23:10
海の ハクセキレイ
ハクセキレイは海でもよく見かけます(こちらこちら)。きょうのハクセキレイは、小さな真水の流れが海に注ぎこむところで餌捕りをしていたハクセキレイです。
e0088233_0224457.jpg

水に入って餌捕り開始。鳥さんがいるのは、ちょうど段差になっている境目。
e0088233_0233035.jpg

段差の下に降りました。鳥さんの脚が隠れていますが、水が深くて脚が隠れているわけではなく、鳥さんのいるところが低くなっているからです。鳥さんの左に渦がありますが、水の流れには勢いがあるようです。
e0088233_024223.jpg

何かを見ています。何を捕っているかわかりませんが、海草の切れ端のようなものをくわえている写真も撮れていました。
e0088233_0241952.jpg

小さな波が寄せています(画面中央)。
e0088233_0243566.jpg
White wagtail, Panasonic Lumix FZ50

すべて1273mm。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-03-18 00:38 | ハクセキレイ
花をくわえた ヒヨドリ
花をくわえたヒヨドリです。気が付いて咄嗟に撮りましたが、ボケ写真になりました。まずはとにかく撮っておいて、まだ鳥さんがいれば、それからじっくり撮る、という寸法でした。連写3枚(2枚/秒)。撮影は3月です。2008年の3月ですけど(^^;
e0088233_21542036.jpg

鳥さんは方向転換しながら飛び立つ寸前です。シャッター速度1/200秒。片方の足の動きが特に速かったようで、被写体ブレで「消えて」います。
e0088233_21543664.jpg

花をくわえたまま飛び立ったのか、それとも落としたのか写真からは判断できません。
e0088233_2274426.jpg
Brown-eared bulbul, Panasonic Lumix FZ7

3枚めはあえてアップすることもないですが、一応は飛んでいるヒヨドリの写真です。
ヒヨドリの飛翔写真らしい飛翔写真は1枚もありません。ヒヨドリの写真そのものが少ないですが、それはヒヨドリが水辺にあまり来ないからです。(写真はほとんど水辺でしか撮らないので)
ムクドリとツグミは水辺に来ます。そう言えばスズメもヒヨドリと同様、水辺に降りてきません。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-03-07 22:07 | ヒヨドリ・イソヒヨドリ