人気ブログランキング |
<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
港の ホシハジロ と キンクロハジロ (その2)
港にいるホシハジロとキンクロハジロのその後です。といっても特別なことは何もありません。

2羽でいます。カップルのようにも見えますが、カップルにしては2羽の間に距離感を感じます。
e0088233_1085999.jpg

翼を痛めていても、足で泳いで水中で餌を捕るので飛べなくてもとりあえず生活はできるんですね。潜水するところ。
e0088233_101139.jpg

他にカモがいないので、種類の違うカモではあっても同じ潜水カモ同士、一緒にいたいのだと思います。
e0088233_1011287.jpg

上から5秒後。2羽とも潜水。2羽一緒に光線具合など綺麗に撮りたかったですが、すぐに潜水するので思うように撮れずでした。
e0088233_10114870.jpg

キンクロハジロ。左の翼の先のほうが欠けています。この写真でここにとどまっている理由がはっきりわかりました。
e0088233_1012919.jpg

ホシハジロが数羽やってきました。キンクロハジロは中央一番上。ホシハジロはいるのかいないのか見分けがつきません。
e0088233_10122563.jpg
Pochard, Tufted Duck, Panasonic Lumix FZ50

写真の外にあと2~3羽います。近くに川や池があるのに、ここにやってくるホシハジロにはここを選ぶ理由があるんでしょうね。キンクロさんと ここのホシハジロさん、これでしばらくの間、仲間と一緒に過ごせそうです。

焦点距離 797~1017mm
by cbx400fk2 | 2008-11-27 10:41 | カモ
イルカ
「イカル」という鳥さんがいるようですが、イカルではなく イルカ です。あえて断り書きする理由は何もないんですが。
e0088233_10563011.jpg
Dolphin, Panasonic Lumix FZ50
焦点距離 約170mm
by cbx400fk2 | 2008-11-27 10:34 | 猫・犬・動物
川は大騒ぎ
川は大騒ぎでした。いくつかに分かれたカワウの集団を複数のサギが追うという構図です。

アオサギ、コサギ、カワウの皆さん、左方面に大変お急ぎのようです。アオサギが走っています。画像クリックで見やすくなります。
e0088233_11262899.jpg

そしてその後ろからはさらに大勢のカワウとコサギ1羽。やはり皆さん、超お急ぎのようです。そんなに急いでいったいどちらへ?
e0088233_1131331.jpg

お目手当は魚の群れ(のはず)です。とりあえず撮れるところにいた魚の群を撮っておきました。
e0088233_11324247.jpg

実は1枚めの前にもうひとつカワウの集団がいて、それが先頭で魚を追っていました。最初はカワウだけの騒ぎだったんですが、
e0088233_13311259.jpg

すぐにサギがやってきて騒ぎに加わった次第です。これまでカワウのすぐ近くで餌捕りをするコサギは何度も見ていますが、
e0088233_13351646.jpg

このときのように複数のサギがカワウの集団を追いながら餌捕りするのは初めて見ました。
e0088233_13453653.jpg

カワウに混じって餌を捕るコサギさんたち。水面の黒いのはカワウの背中です。
e0088233_13515771.jpg

カワウ同士での餌の取りあい。魚は大きめのようです。追っていた群れは魚が比較的大きかったのかもしれません。
e0088233_13532263.jpg

このときの様子は、まずカワウの集団が魚の群れを追って次々に場所を変えることと、
e0088233_1425845.jpg

それを複数のサギが追っていくところがすごく印象的でした。
e0088233_1442774.jpg

この騒ぎで興奮したのはカワウとサギ、そして人間1名でした。人間も興奮したというのに(笑)、
e0088233_1414127.jpg

カモとユリカモメがまったく無関心なことがまた印象的でした。ユリカモメ 画面右下。ヒドリガモ 中央下寄り。
e0088233_14193394.jpg
Grey Heron, Little Egret, Common Cormorant, Panasonic Lumix FZ50

焦点距離 数百ミリ~1273mm、画像数3Mまたは5M。6枚めだけトリミング。すべてアンシャープマスク処理。

くつろぐユリカモメさんたち
by cbx400fk2 | 2008-11-19 14:31 | アオサギ
「White Pigeons...白い鳩たち」
きょうは、偶然見つけて以来よくお邪魔しているブログを紹介させて頂きます。タイトルの通り、鳩を飼われている方のブログです。飼育されている3羽の鳩(親2羽、子1羽)を通して、鳩の夫婦関係や親子関係などの一端を伺い知ることが出来きます。こちらのブログでは鳩さんだけでなく、鳩さんを通して鳥さん全般の理解も漠然とですが少し深まったような気がしました。
White Pigeons...白い鳩たち
紹介先のブログにはコメント欄がなく、当ブログからの一方的なリンクになっています。
当ブログの記事の更新は、少しずつ写真を整理しているので近いうちに更新できると思います(^^;
by cbx400fk2 | 2008-11-17 14:09
こんなんなっちゃいました、アオサギ
首太アオサギです。首の幅が倍になってます。なぜこうなったかというと...
e0088233_10451141.jpg

大きな魚を飲み込んだからです。まずはその魚を捕ったところから。魚の頭をくわえてますが、尾ビレが胸あたりまであります。
e0088233_10461623.jpg

どんなに大きくても頭から丸飲み。鳥さんには「筋胃」というのがあって、そこで食べ物をかみ砕けるそうです。
e0088233_10522935.jpg

(ここに一番上の写真)

少し首が細くなりました。魚がお腹のほうに下がったんでしょうね。
e0088233_10554084.jpg

上から4秒後。4秒の間に完全に飲み込んだ? 次の魚を捕りにかかりました。この魚もそれほど小さくはないようです。
e0088233_1112885.jpg

首の上あたりから首の付け根あたりのかたちが少し変になっているような。短時間で2匹も捕って満足満足?
e0088233_1125450.jpg
Gray heron, Panasonic Lumix FZ50

2~3枚め、1017mm。1枚め、4~6枚め、1273mm。2008年3月撮影。
by cbx400fk2 | 2008-11-09 11:25 | アオサギ
川で餌を捕る ユリカモメ
なんかいつも似たような記事のタイトルですが他に思い浮かびません(^^; タイトル通りの写真です。ただこれは去年の11月の写真で、今年は川ではまだ数羽のユリカモメをチラッと見ただけです。でもこういう写真が撮れるのも、もうすぐです。

治水設備の水門があるのですが、そこが開くとユリカモメが集まります。餌になるものが流れ込んでくるんでしょうね。
e0088233_10254956.jpg

鳥さんは集まるのですが、わりと近い距離を飛び回るので、700メリを超える望遠で綺麗に画面に収めるのは難しいです。
e0088233_10263432.jpg
Black-headed gull, Panasonic Lumix FZ50

2枚とも714mm。
by cbx400fk2 | 2008-11-09 10:39 | ユリカモメ
アオクビアヒル と シロアヒル
近所の川にいたアオクビアヒルとシロアヒルのカップルです。川になぜ飛べないアヒルがいるのかわかりませんが、いつ見ても一緒の仲の良いカップルでした。体が大きいからか「そこのけそこのけアヒル様が通る」という感じで、カルガモや冬鳥のカモ、ユリカモメなどを相手に我が物顔で振る舞っていました。残念ながらシロアヒルの方はケガが元で亡くなりました。

アオクビアヒルが前を泳ぎ、シロアヒルがその後についていることが多かったです。(2006年3月の写真)
e0088233_13105664.jpg

鳥さん写真を撮り始めたこの頃、アオクビアヒルを体格のいいマガモだと思ってました(笑)(2006年4月)
e0088233_13192846.jpg

ユリカモメに向かっていくシロアヒル。この後、右端にいるカルガモにも向かっていきます。こちらの2枚め。(2006年3月)
e0088233_13214291.jpg

2006年5月初旬にシロアヒルが亡くなった後、2羽でいるのをよく見かけたこの場所に、1羽でいるのをしばらくの間見かけました。(2006年5月下旬)
e0088233_13222439.jpg

その後、アオクビアヒルはカルガモや冬鳥のカモに混じっているのを見かけるようになりました。(2006年8月)
e0088233_1323857.jpg

アオクビアヒルは今もいます。1羽でたたずむアオクビアヒル。2008年10月撮影。
e0088233_14193819.jpg

2羽で同じ方を見ています。アオクビアヒルはかって自分にそんな相手がいたことを今も覚えているでしょうか。
e0088233_13171872.jpg
Japanese Mallard Duck, Panasonic Lumix FZ7&FZ50

5枚め以外は 734mm~1017mm。最後の2枚、アンシャープマスク処理。
by cbx400fk2 | 2008-11-05 15:05 | アヒル
アオサギ vs. ダイサギ
普通は近くで餌捕りをしていても互いに無干渉なアオサギとダイサギですが、たま~にそうでないときがあります。

ダイサギがクチバシに魚をくわえています。アオサギはあらぬ方向を向いていますが、何か起こりそうな雰囲気。
e0088233_12171772.jpg

アオサギがダイサギに向かっていきました。ダイサギの魚を奪おうというのか。
e0088233_12183215.jpg

追うアオサギ、魚をくわえて逃げるダイサギ。(左上の鳥さんはアオクビアヒル。かって白アヒルとカップルでした。こちらの2枚め
e0088233_12191484.jpg

ダイサギを追い払うことが目的だったようです。魚が目当てならすぐには戻ってはこないでしょう。
e0088233_12203145.jpg

魚をくわえて逃げるダイサギ。アオサギがダイサギに仕掛けるのはたま~に見かけますが、その逆は見たことありません。
e0088233_12205637.jpg
Gray Heron, Large Egret, Panasonic Lumix FZ50

すべて797mm。1枚めと5枚め、アンシャープ処理。
by cbx400fk2 | 2008-11-02 12:33 | アオサギ
朝もやの水面を飛ぶ ダイサギ
ぼんやりと陰になって海面に浮かんでいるのはヒドリガモです。数羽のヒドリガモさんたちが良い具合に点在してくれました。ちょっと幻想的 ... なんてね(笑)。実は、画面下部がもやっているのは朝もやではなく前ボケです。こちらの3枚めの前ボケと同じです。画面上部は普通の遠景のボケ。ダイサギさんがくっきりしていないのはピンボケ(^^;) 失礼しました~。 

e0088233_97930.jpg
Large egret, Panasonic Lumix FZ50


トリミングした以外は元画像のままです。元画像 1600X1200 -> トリミング 1515X1039。元画像のサイズが小さいのはカメラの設定ミス。ときどきこれをやらかします。2008年1月撮影。
by cbx400fk2 | 2008-11-02 09:12 | ダイサギ