人気ブログランキング |
<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
元気いっぱい、ハクセキレイの幼鳥たち (写真追加 7/6)
本日2つめです。田園地帯の用水路周辺で数羽のハクセキレイの幼鳥が元気よく跳ね回っていました。成鳥もいたので1組か2組の親子だったかもしれません。同じ場所で撮った幼鳥と成鳥が一緒に写っている写真はこちら。(2007年8月撮影)

クチバシの付け根に黄色いのが残っているのでまだ幼いようですが、歩き方は一人前のハクセキレイです。
e0088233_17291134.jpg

嘴を開けているのは暑いから。(1枚めもそうですが、動き回っている鳥さんは、じっとしている鳥さんほどくっきり撮れません)
e0088233_17283458.jpg

下の水面を見て水面の虫を狙っています。(鳥さんがじっとしてくれるとクッキリ撮れます。上の2枚と脚を見比べてください)
e0088233_1730352.jpg

羽をふくらませてブルブルしています。幼鳥はグレーが多いですが、成鳥も冬羽は背中のグレーが多くなります。
e0088233_17303395.jpg

頭の毛が立ってますが、この写真の鳥さんだけです。ハクセキレイの幼鳥の頭の毛は普通このように立ってはいません。
e0088233_1732321.jpg

幼鳥が2羽。この写真のすぐ左側に幼鳥と成鳥が1羽ずついます。
e0088233_17325421.jpg

幼鳥3羽。陽が傾いて土手に生える草の長い影がコンクリートにまで伸びてきています。でも鳥さんたちはまだ元気いっぱいです。
e0088233_17331595.jpg
White wagtail, Panasonic Lumix FZ7


追加写真 7/6
by cbx400fk2 | 2008-06-29 08:43 | ハクセキレイ
元気よく飛び回るハクセキレイの幼鳥たち (写真追加 7/6)
田園地帯の用水路周辺で飛び回るハクセキレイの幼鳥たちです。草や水面付近を飛んでいる虫や、水面にいる虫を捕っているようでした。虫捕りとは関係なく追い駆けっこのようなこともしていました。(2007年8月撮影)

口をあけていますが、たぶん虫をくわえようとしているのだと思います。
e0088233_631078.jpg

(追加写真)クチバシのところに何か細長いものがぼんやり写っているので虫かもしれません。
e0088233_1202359.jpg

水面の虫を狙っているところです。この写真で虫は確認できませんが、虫は水面ぎりぎりの水中にいるようです。
e0088233_633256.jpg

2羽の幼鳥が追い駆けっこをしていて(写真あり↓)、先に着地した幼鳥(左)、続いて2羽めの幼鳥が着地するところ(右)(のはず。あるいは右の鳥さんは水面で虫捕りしてから戻ってきたところ?)
e0088233_641128.jpg

虫を探しながら水面低くを飛ぶ幼鳥。撮り損ない写真には虫を捕らえようとして激しい姿勢変化をしている写真もあります。
e0088233_12247.jpg

水面タッチ&ゴー。この写真はピンボケというよりも、鳥さんの動きが速いことによる被写体ブレです。
e0088233_1294998.jpg

水面にクチバシをつけています。(トリミング 2048-->1600)
e0088233_672614.jpg

幼鳥2羽の追い駆けっこ。縄張り争いでは激しいチェイスをするそうなので、その練習になっているのかもしれません。(トリミング)
e0088233_68931.jpg

黒い小さな細長いのが虫です。(部分切り取り)
e0088233_883362.jpg

虫をくわえています。この写真は同じ場所ですが別日時。この幼鳥は幾分成長しているようです。(部分切り取り)
e0088233_891134.jpg
White wagtail, Panasonic Lumix FZ7

by cbx400fk2 | 2008-06-29 06:22 | ハクセキレイ
コチドリのヒナと親鳥(その2)
親鳥の羽に潜り込むヒナです。3羽のヒナのうち1羽だけ他の2羽とまったく別のことをしていましたが、そのヒナが水浴びをした後、少し離れたところでヒナたちを見守っていた親鳥のところに行って、親鳥の羽の下に潜り込みました。(1273mm撮影、トリミング)

親鳥の左の翼の下(画面的には右側)に潜り込もうとしています。親鳥はヒナには構わずあたりを見続けています。
e0088233_4103583.jpg

親鳥の白い羽が画面右側にはみ出していますが、翼を上げるようなことはしていないようです。
e0088233_411249.jpg

ヒナは羽の中にうまく潜り込めなかったので、いったん親鳥の正面に立って作戦変更です。
e0088233_411197.jpg

今度は親鳥の右の翼の下(画面的には左側)に潜り込もうとしています。
e0088233_411389.jpg

かなり強引に潜り込もうとしています。親鳥は少しだけ翼を上げているようです。
e0088233_4115986.jpg

なんとか潜り込めました。まだまだ親鳥の羽の下にいたいんでしょうね。でも...
e0088233_4121289.jpg
Little Ringed Plover, Panasonic Lumix FZ50


つづく...
by cbx400fk2 | 2008-06-26 08:07 | シギ・チドリ
水田地帯のカルガモ親子
本日2つめ。水田の用水路で水しぶきを上げて先を急ぐ子カルガモさんたち。鳥さんがいることに全く気づかないまま、いきなり水辺に現れたワタクシめに驚いて必死に逃げているところです(^^;(2007年6月撮影)
e0088233_94836.jpg

そして親鳥がグワッグワッと大きな声で鳴きながら飛び出してきました。最初にこどもたちを逃がしてから、という感じでした。
e0088233_944163.jpg

離れたところで集合するカルガモ親子。子ガモが9羽か10羽います。飛び出す前は水際の草の中にいたんでしょうね。
e0088233_9141493.jpg

上の写真から10分ほど後。かたまって泳ぐカルガモ親子。一番左が親鳥ですが、かなり体を水に沈めています。
e0088233_9143523.jpg
Spot Bill Duck, Panasonic Lumix FZ7


このときはほんとに驚きました。いきなりバシャバシャと水の音がして最初何事かと思いました。それにしても、あんなに必死に逃げなくてもいいのに。何だかすごい悪人扱いされた感じです(笑)。公園の池など人の多いところにいるカルガモと違って、人の少ない水田や川にいるカルガモは警戒心が強いです。

川や水田で見かけた範囲ではカルガモ親子の子ガモの数が比較的多いように感じます。この時期は餌が豊富で、隠れる場所も多そうなので無事に育つのかもしれまん。冬も冬鳥が来て過ごせるくらいなので餌に困っていそうにありません。そのままだと子カルガモがたくさん育ってカルガモだらけになりそうですが、そんな感じはしません。街中にある池などでは子カルガモが育ちにくい感じですが、そうしたところのカルガモがいなくなってしまわないのは、ひょっとしたら田舎の子カルガモが大きくなって都会に出ているからでしょうか。ほんまかいな(笑)。
by cbx400fk2 | 2008-06-22 10:09 | カモ
水田のアマサギ
本日1つめです。水田で餌を捕るアマサギです。こちらと同じ日の撮影。 (1273mmで撮影、3枚めだけ1017mm )
e0088233_705656.jpg

写真を撮ったあたりの数枚の水田は同じ場所の他の水田よりも目立って餌を捕る鳥さんの数が多かったです。
e0088233_711255.jpg

アマサギは短めの首と長めの脚のバランスが良くて綺麗なフォルムだと思います。脚が稲でよく見えないのが残念。
e0088233_712421.jpg

足並みが揃った2羽。なぜかムーンウォーク(マイケルジャクソンの後ろ向きに歩くやつ)を連想しました。
e0088233_713648.jpg
Cattle Egret, Panasonic Lumix FZ50

by cbx400fk2 | 2008-06-22 09:42 | アマサギ
コチドリのヒナと親鳥 (その1)
港の資材置き場にできた大きな水たまりで3羽のコチドリのヒナが餌捕りをしていました。そして、それを少し離れたところから見守る親鳥。ヒナたちが無心に餌捕りしているのに対して、親鳥はあたりを警戒しながらヒナたちの様子を見ていて、たまに鳴いてヒナたちに何か言っているようでした。ちなみに動き回るヒナにピントを合わせるのは難しく、その足下にあわせるようにして撮りました。

1~3枚め、ヒナ。3羽を識別できないので3枚それぞれ別のヒナかどうか不明です。
e0088233_6425192.jpg
e0088233_643992.jpg
e0088233_6432617.jpg

4~5枚め、2羽のヒナ。3羽バラバラに行動していたので、3羽を同じ画面にいれることはできませんでした。
e0088233_6514857.jpg
e0088233_652134.jpg

6枚め、親鳥。首を傾けていますが、上空を見ています。この水たまりにはカラスなど他の鳥も水浴びにきていました。
e0088233_6524170.jpg
Little Ringed Plover, Panasonic Lumix FZ50

by cbx400fk2 | 2008-06-15 11:52 | シギ・チドリ
踊る コアジサシ
1枚め、ちょっと頭を傾け、ステップも軽やかです(笑) 鳴き方もいつもとちょっと違っていました。コアジサシは求愛ダンスをするそうなので、このコアジサシも求愛ダンスを踊っているんだと思います。右端に少しだけお相手の尾羽と翼の一部が見えています。お相手のまわりをぐるぐる回っていました(2~4枚め)。(1~4枚めは連続する写真、5月撮影)
e0088233_1521125.jpg

回っている方(奥)が♂で、動かないでいる方(手前)が♀だと思います。同じような様子のコアジサシを2、3組ほど目撃しました。
e0088233_15211871.jpg

求愛ダンスでは2羽がお互いのまわりをぐるぐる回るそうですが、ここでは♂だけが回っていました。
e0088233_15213136.jpg

♂の一方的な求愛ダンス?(何の根拠もない推測です)
e0088233_1522558.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50

by cbx400fk2 | 2008-06-14 16:12 | コアジサシ
餌をねだる ムクドリ幼鳥
水田で餌をねだるムクドリの幼鳥です。母鳥は優しくて厳しいようです。(すべて1273mm)

1枚め、母ムクドリが虫を銜えています。餌をねだる子ムクドリの口、大きく開いてますねー。
e0088233_16404561.jpg

母ムクドリは子ムクドリに虫をやります。
e0088233_16412184.jpg

子ムクドリ、食べている間は静か(笑)。
e0088233_16413796.jpg

上の写真の4秒後。母ムクドリは既に次の虫を捕まえています。子ムクドリ「おかわりーっ!!」  (ここからピンボケ)
e0088233_16415612.jpg

あれ、母ムクドリはそっぽを向いています。この後、虫をやることはありませんでした。自分で捕りなさい、ということですね。
e0088233_1642858.jpg


この後、この母ムクドリは飛び立ち...
by cbx400fk2 | 2008-06-12 01:21 | ムクドリ
アマサギ、水田で餌捕り
水が張られた田んぼのあぜ道近くで餌を捕るアマサギです(1~3枚め)。あぜ道の草の中に何か餌がある(いる)ようでした。4枚め、全身が白っぽいのもアマサギですが、6月なのに冬羽に変わりかけているのか、それとも若鳥はもともと色が十分に変わらない? のかよくわかりません。たくさん撮ったので続きはまた近いうちにアップします。(すべて1273mm、アンシャープ)
e0088233_1472695.jpg
e0088233_1482179.jpg

e0088233_148060.jpg
e0088233_1492017.jpg
Cattle egret, Panasonic Lumix FZ50

by cbx400fk2 | 2008-06-08 14:14 | アマサギ
コアジサシのダイビング(その2)
1枚め、ダイビングの直後です。嘴に透明のエビ?稚魚?を銜えています。水の中にいる、こんなに小さくて透明の餌をよく見つけるものだと思います。2枚めは、その0.5秒前の着水した状態(2枚/秒の連写性能)。さらにその0.5秒前の降下中の写真は尾羽しか写ってないので没(笑)。小さな体のわりに水しぶきが大きいです。ユリカモメのダイビングのほうが綺麗?(すべて1273mm)
e0088233_16143672.jpg
e0088233_161519.jpg

3枚めと4枚めは別々のダイビングから。ともに飛込み開始。この後はそれぞれ、嘴だけ、翼だけしか写ってませんでした(笑)。
e0088233_16152176.jpg
e0088233_16153630.jpg

わずかでも目に光りが入るとピンボケでもOKです(笑)。コアジサシは他の鳥さんよりも目に光りが入りにくいように思います。
e0088233_16161621.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50

by cbx400fk2 | 2008-06-05 01:57 | コアジサシ