人気ブログランキング |
カラスの親子
港の資材置き場のカラスの親子。1羽の子ガラスが親に甘えていました。1~3枚め、親に首のあたりを羽繕いしてもらっています。すごく気持ちよさそうです。4~5枚め、今度はごはんの催促でしょうか。今度は親鳥は無視しています。親鳥のそんな優しさと厳しさに接して子ガラスはカラスとして普通のカラスに育っていくのでしょうか。(1~3枚め部分切り取り、7枚めトリミング、7月撮影)

左が親鳥。右2羽が子ガラス。子ガラスが首の下を羽繕いしてもらっています。普段は自分の足でしかかけないところです。
e0088233_8125689.jpg

頭を横に向けたり後ろに向けたりしていました。「あ、そこそこ」とか「こっちもやって」」とかいう感じです。
e0088233_8132084.jpg
親鳥は一度羽繕いしてあげるのをやめたんですが、子ガラスの催促でまた始めました。
e0088233_8135728.jpg

羽繕いのあとはごはんでしょうか、それともまたまた羽繕い? 同じ塀の少し横に場所に変えた親鳥のところに来てまた催促です。
e0088233_8151470.jpg

すごくわかりやすいですね、催促する子ガラスと、ダメと言っている親鳥。
e0088233_8153550.jpg

子ガラスの催促から逃れようと親鳥は少し横に移動しました。そうやって子ガラスの催促攻撃から逃れるのを何度か目撃しました。
e0088233_8155295.jpg

場所を移動していますが、写真右のほう、子ガラスはまた親鳥の横にいます。左端も子ガラス。この日は風が強かったですが、この左の子ガラスは翼を広げて風に乗って浮かぶことに夢中なようでした。
e0088233_8414631.jpg
Carrion crow, Panasonic Lumix FZ50




子ガラスの赤い口の中とカラスの瞬膜

子ガラスは口の中が赤いですが、この写真(左が子ガラス)でそれがわかりやすいです。右の親ガラスの口の中が赤くないのは陰になっているからではありません。目が青いのは瞬膜です。まぶたは上下に閉じますが、瞬膜は左右に閉じるようです。右の親鳥の目を見ると、右半分だけ瞬膜が閉じています。
e0088233_8534437.jpg


おまけ
カササギ(スズメ目カラス科)が鏡に映った像を自分と認識できるという実験結果の記事がありました。googleで
カササギ 鏡 自分 認識 
で検索するとヒットします。
by cbx400fk2 | 2008-08-28 08:11 | カラス
<< 水浴びする アマサギ 水たまりの鳥さんたち ハクセキ... >>