コチドリのヒナと親鳥(その2)
親鳥の羽に潜り込むヒナです。3羽のヒナのうち1羽だけ他の2羽とまったく別のことをしていましたが、そのヒナが水浴びをした後、少し離れたところでヒナたちを見守っていた親鳥のところに行って、親鳥の羽の下に潜り込みました。(1273mm撮影、トリミング)

親鳥の左の翼の下(画面的には右側)に潜り込もうとしています。親鳥はヒナには構わずあたりを見続けています。
e0088233_4103583.jpg

親鳥の白い羽が画面右側にはみ出していますが、翼を上げるようなことはしていないようです。
e0088233_411249.jpg

ヒナは羽の中にうまく潜り込めなかったので、いったん親鳥の正面に立って作戦変更です。
e0088233_411197.jpg

今度は親鳥の右の翼の下(画面的には左側)に潜り込もうとしています。
e0088233_411389.jpg

かなり強引に潜り込もうとしています。親鳥は少しだけ翼を上げているようです。
e0088233_4115986.jpg

なんとか潜り込めました。まだまだ親鳥の羽の下にいたいんでしょうね。でも...
e0088233_4121289.jpg
Little Ringed Plover, Panasonic Lumix FZ50




でも親鳥はすぐにヒナから離れてしまいました。もうヒナを羽の下に入れたくないのか、例えばこの場所でヒナを羽の下に入れるのは安全でないと思ったのか、など理由はわかりません。ちなみにこの親鳥はネット上でコチドリの雌雄の見分けたかを見るとどうやらお父さんのようです。その場に残されたヒナは頭を掻いたりした後、いきなり走り出しました。
e0088233_4311583.jpg

それもあらぬ方向に一直線です。羽の下にちょっとしかいられなかったのでふてくされたのでしょうか(笑)。
e0088233_4313275.jpg
Little Ringed Plover, Panasonic Lumix FZ50

[PR]
by cbx400fk2 | 2008-06-26 08:07 | シギ・チドリ
<< 元気よく飛び回るハクセキレイの... 水田地帯のカルガモ親子 >>