人気ブログランキング |
3羽めの ホシハジロ
翼を傷めて飛べないためにこの地に永住している港のホシハジロさんたちに仲間が増えました。ふだん行かないところに久しぶりに行ってみたら、港のホシハジロさんたちがいて、近くには翼を傷めているもう1羽のホシハジロがいました。

港のホシハジロさんたちが傷めているのは右の翼ですが、このホシハジロさんは左の翼を傷めています。
e0088233_22465292.jpg

座り込みました。ほとんど動かず、外観による先入観のせいだと思いますが元気がないように見えました。このホシハジロさんがいつ頃翼を傷めたのか知りようがありませんが、ホシハジロの群れはひと月以上前にこの地を去っているので、おそらくそれより前に翼を傷めたのでしょう。
e0088233_23282177.jpg

港のホシハジロさんたちは、ほんの少し離れたところで羽繕いをしていました。2羽を一緒に入れるために上の写真よりも広角寄り(と言っても714mm)で撮っています。
e0088233_22593937.jpg

港のホシハジロさんたちです。2羽とも右の翼の一部を失っています。この2羽は一緒に行動したり単独行動したりしています。この場所は「いつもの港」から水上移動距離で2キロ以上離れています。港のホシハジロさんたちは、「いつもの場所」、「いつもの港」、そしてこの場所の3箇所を行き来しているようです。3箇所の端から端までは水上移動距離で3キロ以上あります。
e0088233_23131626.jpg

この場所や付近一帯は翼を傷めたカモが生きていける場所のようです。過去の写真を検索してみると、港のホシハジロさんたちも翼を傷めた当初は主にこの付近一帯にいたのかもしれません。下は2007年7月の写真。ホシハジロが3羽写っていますが、このうちの2羽が港のホシハジロさんたちだと考えています。
e0088233_2332252.jpg
Pochard, Panasonic Lumix FZ50

少し不思議なのは、飛べる(飛んでいるところを見た)ホシハジロを、この付近一帯では一度しか見たことがないことです。ホシハジロの群れは冬になると「いつもの場所」や「いつもの港」にはやってきますが、この場所やこの場所の付近にはやってきません。ということは、「いつもの場所」や「いつもの港」に滞在中に翼を傷めて飛べなくなった鳥さんがこの場所にやってきたと推測します。
3羽めのホシハジロさん、港のホシハジロさんたちのように元気になって欲しいと思います。

焦点距離、いろいろ。
.
by cbx400fk2 | 2010-05-20 22:06 | カモ
<< 移動中の 3羽のホシハジロ ブルブルっとするアオサギ >>