コアジサシ のダイビング
コアジサシのダイビングの連射です。連射といっても2枚/秒なので写真と写真の間の時間差は0.5秒もあります。ピントは1枚めのピントに固定されてしまいますが、ダイビングを開始してから着水までは鳥さんとの距離がそれほど変化しないのでピント固定でもそれなりに撮れます。1枚めで外したら全滅ですけど。(5/5の撮影分から)

その1。連射3枚。大きな水柱が立っています。衝撃がどの程度なのかわかりませんが、大丈夫なんでしょうね。
e0088233_11205768.jpg

上の写真の0.5秒後。クチバシに何か銜えています。あやうくフレームアウトするところでした。
e0088233_11334251.jpg

さらに0.5秒後。クチバシに銜えているのは小魚のようです。
e0088233_11362097.jpg


その2。連射5枚。ダイビング開始。と言っても開始直後ではなさそうです。
e0088233_2358854.jpg

上の写真の0.5秒後。水柱があまり立ってないので着水したばかりと思われます。この飛び込み姿勢、まさしく腹うち飛び込みですね。
e0088233_23591320.jpg

さらに0.5秒後。わかりにくいですがクチバシに何かをくわえています。
e0088233_23594023.jpg

さらに0.5秒後。水中(水面近く)にいるかなり小さそうな獲物を飛びながらよく見つけられるなあ、と思います。
e0088233_001160.jpg

さらに0.5秒後。クチバシから獲物が消えているので既に飲み込んでしまったようです。
e0088233_022133.jpg


その3。連射4枚。後ろの黄色い浮きが目障りです(笑)。
e0088233_11462511.jpg

0.5秒後。全体が下向きになっているこの姿勢になる前に、腰を曲げて尾羽が下を向いた姿勢になることが多いです。
e0088233_11574830.jpg

1秒後です。0.5秒後の写真は鳥さんがフレームアウトして海しか写ってませんでした。すでに離水体勢。
e0088233_1273854.jpg

0.5秒後。またまた小魚が捕れています。
e0088233_12122686.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50

ダイビングでの餌捕りの成功率は高そうです。コアジサシがダイビング以外の餌の捕り方をするのかどうか知りませんが、飛びながら獲物を見つけられる環境にいれば、このくらい成功率が高ければほかの餌の捕り方は必要ないのではないかと思えます。

すべて1273mm。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-05-05 23:32 | コアジサシ
<< コアジサシ 今年もまた コアジサシ がやっ... >>