タグ:求愛行動 ( 26 ) タグの人気記事
港のカラスさん(その2)
その1の続きです。あらためて2羽のカラスさんのたちの紹介です。2羽ともハシボソガラスです。まず、なぜこの2羽を識別できるのかということですが、大きな港湾の埠頭の一角(この番の縄張り)にはカラスがこの2羽しかいないからです。そしてこの2羽が番であり、さらにどちらが雄か雌かは、この2羽が求愛給餌をする様子からわかります。また、2羽の区別は外見(クチバシ)やワタクシめに対する行動の違いからも区別できます。

寄り添う2羽。手前が雌、奥が雄。この番の場合、雄のほうが雌よりもクチバシが大きめなので、単独で写っていても概ね2羽の区別ができます。(クチバシの大きさの違いよる区別はあくまでこの番の場合です。カラス全般に当てはまるかどうかはまったく知りません)
e0088233_23135711.jpg

上の写真の部分切り取り。クチバシの大きさに加えて、クチバシの鼻の穴あたりの羽(毛?)の生え際ラインの違いからも、この2羽をおおむね区別できます。
e0088233_23342087.jpg

この2羽は番なので相思相愛なのでしょうが、雌のほうが雄をかなり好きなように感じます。下の動画、雌はこのようによく雄に寄り添います。寄り添ってから低く鳴いていますが、まるで甘えて何かをおねだりしているように感じます。雄は雌よりもこちら(ワタクシ目)のほうが気になるようです。



下の動画、おねだりする雌。雄が水を飲んでいるところに雌がやってきて、羽をバタバタさせながら、雄から水を飲ませて欲しがっています。雄はそれに答えません。この雄、結構つれない態度なことが多いです。

Carrion crow, Panasonic Lumix FZ100 & FZ50


雄の態度がつれないことが多いのは、ひょっとしたら雄はワタクシめが近くにいる場合、ワタクシめの行動が気になっているから? とも思います。

(たぶん)仲の良い2羽だと思いますが、この2羽がヒナを連れているのを見たことがありません。ヒナを見たことがない最大の理由は、そもそもヒナと親鳥が一緒に行動する時期にワタクシめがほとんどこの場所に行かないからだと思うので、ほんとにヒナを全然育てていないのかどうかはわかりません。

ちなみに、2つめの動画で雌が羽をバタバタさせておねだりする様子はまるでヒナ鳥のように見えますが、この写真のカラスさんはたちはいずれも成鳥で、番です。口の中が赤くないこと、2羽による縄張り防衛の行動を何度か目撃しています。

焦点距離 いろいろ。静止画 FZ100、動画FZ50。動画は2009年5月撮影。
[PR]
by cbx400fk2 | 2011-05-11 17:21 | カラス
寒い季節の熱々 カルガモ カップル (動画)
冬鳥のカモさんたちがボチボチと来始めている川で三々五々くつろくカルガモさんたち。そんなカルガモさんたちの中から1組のカップルを撮っていると... (画像は動画のキャプチャー画像。動画は最後にあります)

カップルの1羽のほうのカルガモさんが首を上下に繰り返し動かし始めました(左の鳥さん)。(クチバシから下がっているのは水です。クチバシで水をくみ上げています)
e0088233_1756585.jpg

首の上下の動きを繰り返しながら、もう一方の鳥さんのほうに近寄ります。もう一方の鳥さん(雌のはず)のほうも首の上下動をします。これはもしやして...
e0088233_180930.jpg

やはり(笑)。雄が雌の上に乗ろうとしています。(動画をよく見ると、実はこの画像の前に、足を滑らせて1~2回ほど乗り損なっているようです)
e0088233_1803472.jpg

これからの季節に子育てするとは思えないので、これはいわゆる「擬似交尾」というものかもしれません。
e0088233_1805667.jpg

なんか、結構本格的な感じもしますが(笑)。下の鳥さんが完全に沈んでいるのは、降りようとしている上の鳥さんの重みで沈んでいるだけかもしれません。
e0088233_1813986.jpg

降りました。そしてこの後、
e0088233_1824581.jpg

上に乗っていた雄が、変わった泳ぎ方で雌の周りをまわり始めました。雌のほうは水浴びのような行動をしました。
e0088233_1831315.jpg

首の上下動から最後のこの行動まで、カモの交尾行動のお手本ビデオのような映像が撮れました。
e0088233_184028.jpg

コアジサシが2回続けて交尾するのを見たことがあるので、ひょっとしたらと思って他の鳥さんを撮りながらこのカップルの様子を見ていましたが、2回めはないようでした。そのかわり、別のカップルが...
e0088233_1912285.jpg

最後は、雄が雌のまわりを回り、雌は水浴び。さらに他にも首の上下運動をするカップルを見ましたが(こちらは交尾に至らず)、なにか今日はカルガモさんたちにとって特別な日だったのでしょうか(笑)。
e0088233_19263138.jpg


Spotbill duck, Panasonic Lumix FZ100



焦点距離 数100~735mm。静止画はすべて動画からのキャプチャー画像。

再生動画について補足。
中央の右向き三角の再生ボタンをクリックすると右下に表示される「360p」 をクリックして「1080p」を選ぶとフルハイビジョンの映像になります。ただし、オリジナルの画像よりも画質は悪くなっています。また、動画が滑らかに表示されない場合は、ネットワークの回線速度やパソコンの性能が不十分なことが原因です。オリジナルの動画は(ワタクシめしか持っていないわけですが)1080pで滑らかに再生されています。
.
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-11-16 21:53 | カモ
見つめ合う二人 (コアジサシ)
カップル成立前と思われる2羽のコアジサシの様子です。

シーンその1。写真左、1羽の鳥さんが降りてきました。この鳥さんは♂だと思われます。頭の傾きから、右にいる鳥さん(♀と思われます)を意識しているようです。その右の鳥さんも、降りてきた鳥さんのほうを見ています。
e0088233_1103713.jpg

見詰め合う2羽です(笑)。残りの2羽は、それぞれ決まった♂がいて、その♂から魚を待っている♀だと思われます。
e0088233_111153.jpg

見詰め合う2羽は、他の2羽とはその姿勢だけでなく、翼の状態も違っています。
e0088233_1112018.jpg

上の3枚めの写真の部分切り取り。♀は♂がいるほうの側の肩を落として翼を少し開いています。
e0088233_1114017.jpg


シーンその2。♂が魚を銜えてきました。成立済みのカップルであれば、♂はすぐに♀に魚を渡します。
e0088233_20263488.jpg

♀は左の肩(翼)を少し落としています。
e0088233_20512871.jpg

今度は、♀は右の肩(翼)を少し落としています。
e0088233_2024667.jpg

すぐ上の3枚めの写真の部分切り取り。右の♀は、魚を銜えた♂のいる側の肩(翼)を少し落としています。「あなたを見ていますよ」というボディランゲージなんでしょうね。
e0088233_20281321.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50


コアジサシの求愛給餌では、♀が♂からのプレゼントを受け取ったらカップル成立ということですが、そうなる前にいろいろあるようです。

すべて1273mmで撮影、6月上旬。すべてトリミング、2048-->1800。

記事の最後に広告が表示されることがありますが、これはエキサイト側が表示している広告であり、ワタクシめとは関係ありません。
.          
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-06-30 21:47 | コアジサシ
コアジサシのカップルと、もう1羽のコアジサシ
求愛給餌しいている1組のカップル(左)と、そのカップルに歩み寄る1羽の鳥さん(右)。この歩み寄る鳥さんは雌だと思われます。
e0088233_14251288.jpg

歩み寄る鳥さん(右)、クチを開けています。魚を欲しがっているようです。
e0088233_14255658.jpg

でも当然ながら魚はもらえません。給餌を終えたカップルの雄は、次の魚を撮るために飛び立とうとしています。
e0088233_14261612.jpg

上の写真の約4分後。上の3枚の写真と同じ場所、同じ鳥さんたちです。左の2羽はまた求愛給餌。そしてまたクチを開けている右の鳥さん。(この写真だけトリミングサイズが違うので、鳥さんたちが小さめに写っています)
e0088233_14265830.jpg

場所が同じなことは貝殻や石ころの配置からわかります。
e0088233_14271758.jpg

左端の鳥さんが、歩み寄ってきた鳥さん。カップルの間に割り込んでも魚がもらえるわけないでしょう。2回も同じような場面を見てなんだか可愛そうに感じましたが、人生ならぬ鳥生にもいろいろあることでしょう。
e0088233_1444690.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50

上の写真の鳥さんたちが同じ鳥さんと言えるのは、まず、魚を運んできた以外の鳥さんは最初の求愛給餌から次の求愛給餌までずっとその場にいたからです。そして、魚を運んできた鳥さんは、雌との魚の受け渡しの様子から互いに知り合った相手同士と思われたからです。

すべて1273mmで撮影。すべてトリミング、4枚めだけ 2048-->1800、4枚め以外 2048-->1600。すべてアンシャープマスク処理。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-06-30 21:33 | コアジサシ
コアジサシの求愛給餌。給餌直前の雌の様子
コアジサシの求愛給餌で、雌がカップルの相手の雄を見つけたときの様子です。なかなかダイナミックな表現です。雄もこんな風に喜ばれたら頑張ってプレゼントしたくなってしまう?(笑)。
e0088233_23355693.jpg
e0088233_23371868.jpg

上と同じ鳥さんです。
e0088233_23434452.jpg
e0088233_23461412.jpg
e0088233_23464518.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50

すべて1273mmで撮影。
1~2枚め トリミング 2048--->1600、アンシャープマスク処理。
3~5枚め トリミング 2048-->1800、アンシャープマスク処理。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-06-17 23:06 | コアジサシ
コアジサシ の求愛給餌
コアジサシの求愛給餌のシーンが幾つも撮れました。その中から3つのシーンをアップします。カップルの相手ではない雄からは魚を受け取らず見るからに冷たい反応ですが、カップルの相手の雄に対しては可愛いらしい様子を見せます。

求愛給餌のシーンその1。雌が羽をふくらませて、クチを大きく開けています。文字で表すのにどんな擬音を使ったらよいかわかりませんが、鳴き声も出しています。
e0088233_22282465.jpg
e0088233_222905.jpg
e0088233_22292588.jpg

求愛給餌のシーンその2。雌は相手の雄を見たら、このように羽をふくらませクチを大きく開けて、鳴き声を出します。
e0088233_23154288.jpg
e0088233_23162410.jpg

求愛給餌のシーンその3。相手の雄が着地するよりかなり前に相手の雄を見つけるようです。鳴き声を出して写真のようにわかりやすい反応を示すのでこういう写真が撮りやすかったです。
e0088233_23215114.jpg
e0088233_23231280.jpg
e0088233_23233443.jpg
e0088233_23235385.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50

すべて1273mmで撮影。
1~3枚め トリミング 2048-->1800。
4~9枚め トリミング 2048-->1600、アンシャープマスク処理。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-06-17 22:43 | コアジサシ
コアジサシの求愛給餌。受け取りを断られた雄は... (訂正)
雄が雌に小魚をプレゼントするコアジサシの求愛給餌ですが、雄はプレゼントを受け取ってもらえないこともあるわけです。そんな場合、雄はその後どうするのか...

雄が雌の近くに降りてきて小魚をプレゼントしようとしていますが、雌は受け取りません。
e0088233_2175331.jpg

40秒ほど待ってあきらめて前方に歩き始めました。青い枠線で囲まれたもので位置関係がわかるようにしました。
e0088233_2191021.jpg

前方(写真右)にいるのは雌のコアジサシです。(この鳥さんが雌である理由は今後アップ予定の記事で説明します)
e0088233_21111466.jpg

おそらく前方の雌にプレゼントしようとしたのだと思いますが、雌はその場からいなくなりました。
e0088233_21151980.jpg

雌はおそらく雄を避けた考えられます。雌はカップルになった雄からの魚を待っています。ちょっとしか移動していませんが、カップルになった雄との待ち合わせ場所から離れすぎないためだと考えられます。
e0088233_21172758.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50


この雄の鳥さんの場合、最初の相手に断られたら別の相手にアタック、という合理的(?)な対応でした(笑)一度断られても再度アタック、ということでした。しかし魚はまだクチバシの間に残ったまま。さらにこの後どうなったのでしょうか。
ちなみに、2枚めの右の鳥さんが4枚めの右の鳥さんなことは、その鳥さんが移動するところを見ていました。
1枚めと2枚めの雌は頭部の黒のパターンが同じっぽいので同じ鳥さんのようです。1枚めと2枚めの間に20秒ほどあるので、その間に雌は雄を避けて2枚めの位置に移動したようです。

1~4枚め 1273mm、5枚め 714mmで撮影。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-06-17 21:33 | コアジサシ
コアジサシ の熱々カップル 
コアジサシの交尾シーンを撮ることができました。しかも複数カップルの交尾シーンです。中には2回続けてするカップルもいました。ほかにも求愛給餌のシーンなどたくさん撮りすぎて写真の整理に時間がかかりそうなので、今日はとりあえず1シーンだけアップしておきます。

水際に数羽のコアジサシがいましたが、あやしげな体勢の2羽を発見。
e0088233_22185487.jpg

これはもしやと思ってカメラを向け続けていると..やっぱり雄がのっかりました。
e0088233_2220456.jpg

雄が腰を落としたようです。う~む(笑)。
e0088233_22283138.jpg

むむむ(笑)。雌が雄のほうを向いてクチバシを開けていますが、これは他のカップルの雌も同様でした。
e0088233_22293569.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50


1枚めの写真の体勢の後に交尾する可能性のあることがわかったので、その後の交尾シーンの撮影は難しくありませんでした。
今回、交尾シーンだけでなく、魚を銜えた雄が飛んでくるのを見たときの雌の様子など、雄と雌の行動について興味深いシーンをいくつか撮ることができたので、数回に分けてアップしていこうと思います。

すべて1273mmで撮影。すべてトリミング、2048-->1600
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-06-06 22:49 | コアジサシ
コアジサシ の求愛行動
コアジサシの求愛行動です。まずは求愛給餌です。魚を銜えているほうが雄です。雄が魚を銜えて飛んでくるところから撮っていましたが(3枚め)、その雄が着地するまでのシーンはピンボケで全滅でした(笑)。
e0088233_23325061.jpg

上の写真の5秒後。魚が消えているので雌のおなかの中に入ったようです。鳥さんの首を伸ばすような仕草も求愛行動と思われます。こちらの「踊るコアジサシ」も参照。ちなみにプレゼントの受け取りは拒否されることも。こちら
e0088233_2333916.jpg

時間が前後しますが雄が魚を銜えて飛んできたところ(1枚めの10秒前)。雌がクチバシを開いて雄を見上げていますが、雄からのプレゼントを期待しているように見えます。ピンボケなだけでなく、写真の水平も傾きすぎ(^^;
e0088233_0554910.jpg


以下の4枚は2008年5月撮影の求愛給餌のシーン。アップロードしてませんでした。右が雄。
e0088233_094236.jpg
e0088233_010812.jpg
e0088233_010327.jpg
e0088233_0105819.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50

すべて1273mmで撮影。1枚めと2枚めだけトリミング 2048-->1600。
3枚め、画像の一部分をマスキングしました。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-05-06 23:33 | コアジサシ
カルガモ の飛翔 追いかけ その1 (写真追加)
2羽のカルガモが同じようなところを行ったりきたり。1羽のカルガモがもう1羽のカルガモを追っかけているように見えます。写真を見ると前を飛んでいるほうが雌、後を飛んでいるほうが雄です。ただの偶然かもしれませんが、春の時期に何度も見ているような気がするので、番(つがい)の形成に関係しているかもしれません。
e0088233_23284235.jpg

着水してから、2羽とも何やら鳴いていました。2羽とも興奮気味に見えます。
e0088233_2329099.jpg

1枚めの写真の尾羽の部分の拡大。左が雄、右が雌。右の雌の尾羽の付け根あたりには、羽に白い縁取りがあります。こちらも参照。
e0088233_23452390.jpg

(追加写真)同じ2羽。この追いかけが求愛行動でないにしても、少なくとも争っているようには見えませんでした。
e0088233_22453262.jpg
Spotbill duck, Panasonic Lumix FZ50


何の根拠もない推測ですが、雌が嫌がって逃げているというよりも、雌が雄を試しているか、それとも、番の関係を深めているような行動に感じられました。繰り返しますが、これは何の根拠もないワタクシめの推測です。

写真はいずれも相当な露出オーバーの写真を大幅に補正しています。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-04-24 23:01 | カモ