タグ:ダイビング ( 34 ) タグの人気記事
冬羽のコアジサシの飛翔 (FZ150で動画)
太陽が沈もうとする頃、海面にダイビングする数羽の鳥さんたちに気がつきました。そちらのほうに移動してみると、なんとコアジサシでした。10月にコアジサシを見るのは初めてです。動画を撮ってみることにしました。動画は 1920x1080 60p です。(ちなみに動画を撮った後、静止画も少し撮りました。高ISOで撮っています)

撮る前からわかっていたことですが、テレ端で鳥さんを追ってカメラを振り回すと背景が歪みます。速く振れば振るほど大きく歪みます。ちなみに、AFはよく合うと思います。動画を見ての通り何度もAFエリアから鳥さんを外してピンボケにしていますが、AFエリアに捉え直せばすぐにピントが合っています。





画角を広め(といっても一般的には望遠域)に撮れば画像の歪みはそれほど気にならなくなります。

Little tern, Panasonic Lumix FZ150

焦点距離 1つめと2つめ 624mm(テレ端)、3つめ 望遠域ですが数値不明。

参考までにFZ50で撮ったコアジサシの飛翔動画です。画質はFZ150には及びませんが、FZ50はセンサーがCCDなのでカメラを速く振っても背景が歪みません。下の動画の背景が斜めになっているのは画像が歪んでいるのではなくて、カメラが傾いているからです。カメラの傾きを意識しないで撮ると、いつもこのくらいカメラを傾けてしまいます(笑)






Little tern, Panasonic Lumix FZ50



FZ50の動画、3つとも焦点距離 714mm(テレ端+テレコンTCON17)  

上の動画ではすべて照準器を使っています。照準器を使えば視界がオープンになるので飛んでいる鳥さんを追いやすくなります。照準器は飛んでいる鳥さんだけでなく、地上や水上にいる鳥さんにも使います。視界がオープンなので、被写体の鳥さんを撮りながらでも周囲の状況がわかるので、さらに良い被写体やシャッターチャンスがあれば即座にそちらのほうに対応することができます。
.
[PR]
by cbx400fk2 | 2011-10-13 23:14 | コアジサシ
冬羽のコアジサシ (FZ150で野鳥)
本日4つめ。FZ150での鳥撮り初日。ダイビングしている鳥が目に入ったのでそちらのほうに行ってみたら、なんとコアジサシでした。頭の黒色の部分が減っているのでいるで冬羽だと思います。日没直前~日没後の撮影です。日が沈んでからも、画質はさておき、とにかく飛んでいる鳥さんがAFで撮れることがわかりました。動画も撮っているので後ほどアップします。

ISO320、f/5.2、1/500s。沈みかけた夕日が弱弱しくあたっています。
e0088233_1114018.jpg

ISO800、f/5.2、1/500s。残光がわずかに当たっているようです。
e0088233_23144953.jpg

ISO800、f/5.2、1/500s。この写真以降、すべて夕日は当たっていません。
e0088233_23155425.jpg

ISO1250、f/5.2、1/500s。夕日は当たっていません。
e0088233_23395245.jpg

ISO1600。f/5.2、1/500s。夕日は当たっていません。
e0088233_23492230.jpg

ISO2000、f/5.2、1/500s。夕日は当たっていません。これはピントも合ってないように見えます。
e0088233_23171221.jpg

ISO2000、f/5.2、1/500s。すぐ上の写真に続く連写の1枚。この写真のほうが上のよりもピントが合っているように感じます。リサイズ(2048->1024)しているためか、それほど上の写真と変わらないように見えますが。
e0088233_1855582.jpg

ISO2500、f/5.2、1/640s。夕日は当たっていません。
e0088233_23163961.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ150

いずれの写真も
焦点距離 975mm(4.5M EZ)、f/5.2
フォトモード:ナチュラル、ノイズ:-2
ホワイトバランス:太陽光、
リサイズ以外無補正(オリジナル画像サイズ:2560X1712)
.
[PR]
by cbx400fk2 | 2011-10-06 23:32 | コアジサシ
コアジサシの餌捕り 4連写
本日1つめ。小魚を捕ったコアジサシですが、最初にくわえた場所が尾びれ近くだったため(4枚めの写真)落とさないよう苦労してるようです。4枚の連写です(2枚/秒)。時間的には逆になっていて1枚めが最後で4枚めが最初です。

時間的に逆に写真を載せているので、これがダイビングから2秒ほど経過した写真ですが、ダイビングの2秒後は、普通はこのような飛行姿勢ではありません。
e0088233_18252258.jpg
e0088233_18261011.jpg
e0088233_18263698.jpg
e0088233_182763.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50


4枚めの写真、ちょっと見にくいですが小魚の尾びれ付近をくわえているのがわかります。

2010年6月 撮影 FZ50。
[PR]
by cbx400fk2 | 2011-07-26 19:16 | コアジサシ
コアジサシ のダイビングの連写
本日1つめです。コアジサシのダイビングの連写(2枚/秒)です。写真と写真の間隔は0.5秒。

この時点では既に獲物を見つけていると思います。
e0088233_2122868.jpg

0.5秒後。空の色がほぼ同じなので、まだ同じ高さにとどまっていることがわかります。狙いを定めているところ?
e0088233_21173765.jpg

0.5秒後。急降下の途中。空の色は水平線に近づくほど濁るので(空気の汚れのため?)、背景の空の色の違いから水面に近づいていることがわかります。
e0088233_16575428.jpg

0.5秒後。着水しました。コアジサシは腹うち飛び込み(こちらこちらの5枚め)なので、水しぶきがハデに上がります。ユリカモメはクチバシからのきれいなダイビング
e0088233_2117404.jpg

0.5秒後。餌が獲れているかどうか不明。
e0088233_21224954.jpg

ここだけ1秒後。
e0088233_21174690.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50


焦点距離、すべて1272mm。撮影2010年6月。
[PR]
by cbx400fk2 | 2011-07-04 22:22 | コアジサシ
コアジサシ のダイビング
コアジサシのダイビングの連射です。連射といっても2枚/秒なので写真と写真の間の時間差は0.5秒もあります。ピントは1枚めのピントに固定されてしまいますが、ダイビングを開始してから着水までは鳥さんとの距離がそれほど変化しないのでピント固定でもそれなりに撮れます。1枚めで外したら全滅ですけど。(5/5の撮影分から)

その1。連射3枚。大きな水柱が立っています。衝撃がどの程度なのかわかりませんが、大丈夫なんでしょうね。
e0088233_11205768.jpg

上の写真の0.5秒後。クチバシに何か銜えています。あやうくフレームアウトするところでした。
e0088233_11334251.jpg

さらに0.5秒後。クチバシに銜えているのは小魚のようです。
e0088233_11362097.jpg


その2。連射5枚。ダイビング開始。と言っても開始直後ではなさそうです。
e0088233_2358854.jpg

上の写真の0.5秒後。水柱があまり立ってないので着水したばかりと思われます。この飛び込み姿勢、まさしく腹うち飛び込みですね。
e0088233_23591320.jpg

さらに0.5秒後。わかりにくいですがクチバシに何かをくわえています。
e0088233_23594023.jpg

さらに0.5秒後。水中(水面近く)にいるかなり小さそうな獲物を飛びながらよく見つけられるなあ、と思います。
e0088233_001160.jpg

さらに0.5秒後。クチバシから獲物が消えているので既に飲み込んでしまったようです。
e0088233_022133.jpg


その3。連射4枚。後ろの黄色い浮きが目障りです(笑)。
e0088233_11462511.jpg

0.5秒後。全体が下向きになっているこの姿勢になる前に、腰を曲げて尾羽が下を向いた姿勢になることが多いです。
e0088233_11574830.jpg

1秒後です。0.5秒後の写真は鳥さんがフレームアウトして海しか写ってませんでした。すでに離水体勢。
e0088233_1273854.jpg

0.5秒後。またまた小魚が捕れています。
e0088233_12122686.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50

ダイビングでの餌捕りの成功率は高そうです。コアジサシがダイビング以外の餌の捕り方をするのかどうか知りませんが、飛びながら獲物を見つけられる環境にいれば、このくらい成功率が高ければほかの餌の捕り方は必要ないのではないかと思えます。

すべて1273mm。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-05-05 23:32 | コアジサシ
今年もまた コアジサシ がやってきました
今年もまたコアジサシがやってきました。今年最初にコアジサシを見たのは今月(4月)の中旬ですが、写真撮影は今日が初日でした。

薄曇りで日差しが弱く、鳥さんの目にくっきりと光の入った写真が撮れませんでしたが、またそのうち撮りたいと思います。
e0088233_23275917.jpg

下の2枚は連射(といっても2枚/秒)です。小魚が取れています。
e0088233_23332233.jpg
e0088233_23334191.jpg

上の写真の部分拡大(等倍画像)。わかりにくいですが、クチバシに小魚をくわえています。
e0088233_23351791.jpg

下の2枚は別々のダイビングですが、いずれも小魚が捕れています。きちんと数えてはいませんが、ダイビング写真の半分程度は小魚が捕れているかもしれません。
e0088233_071924.jpg
e0088233_073733.jpg

ダイビング直後の水切り。体をひねって回すように振って羽についた水を振り落とします。
e0088233_23363365.jpg

防波堤から一斉に飛び立ったところ。かなりいい加減ですが、全部で30羽程度だったような感じです。
e0088233_23395471.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50


すべて1273mm。最後の写真だけ、ノイズ低減処理、アンシャープマスク処理。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-04-30 23:32 | コアジサシ
コアジサシ のダイビング (動画)
前回のコアジサシのダイビング動画よりも鳥さんが大きめに撮れている動画です。動画のサイズも大きいです。このサイズで表示できることを知りませんでした。これまでにアップした動画も随時大きなサイズに変更します。

動画が始まるとすぐにダイビングします。さらに、ぐるっと旋回してきて、もう一度ダイビングを試みますが、途中でやめています。途中でダイビングをやめることは結構あります。

誤って削除したIDと共に消えた動画を再アップしました。






どんどん近づいてきます。近くでダイビングされるとカメラが追いつきません。予測してカメラを動かしますが、予測は外れます。着水の瞬間はフレームアウトしました。





動画は水から離れるところから始まりますが、2回めのダイビングは垂直のダイビングではありません。風切り音が聞こえると思いますが、この日はかなりの強風でした。風が強い日はこのように斜めにダイビングするのをよく目にします。




ちょっと長めです(約50秒)。最初のピンボケのダイビングも含めて、5回ダイビングします。最後の2回は連続ダイビング。

Little tern, Panasonic Lumix FZ50



この次は、ホバリングしているところや小魚をくわえて飛んでいるところ、2羽の追っかけなどの動画をアップします。いずれも難あり動画(フレームアウトやピンボケ)ばかりですが。

焦点距離 すべて714mm。
[PR]
by cbx400fk2 | 2009-07-21 22:42 | コアジサシ
コアジサシ のダイビング (連写)
本日2つめ。久々のコアジサシのダイビングの連写です。これまでの動画よりも鳥さんが大きめに撮れた動画(難あり)を後日引き続きアップしますが、きょうは静止画をアップすることにしました。

1枚め、小魚を探しています。連写は連続最大3枚しか撮れない(FINE画質時)ので1回の連写でダイビング全体が撮れません。
e0088233_22161474.jpg

上の写真の約2秒後。2枚めから4枚めまでが連写です。2枚/秒なので、2枚めから4枚めまでの経過時間は約1秒。
e0088233_22164555.jpg
e0088233_22171155.jpg
e0088233_22172688.jpg

上の写真(4枚め)の約3秒後。何かくわえています。上の写真に続いて3枚を連写で撮りましたが、それらの写真は代わり映えがないので省略(笑)し、その連射の後に撮った写真が下。
e0088233_22174349.jpg
Little tern, Panasonic Lumix FZ50


最後の5枚めの写真は4枚めの写真と同じ鳥さんのはずでが、3秒の時間の空きが気になります。ひょっとしたら別の鳥さんのダイビング直後だったかもしれません...
[PR]
by cbx400fk2 | 2009-06-06 22:50 | コアジサシ
コアジサシ のダイビング (動画)
コアジサシのダイビングです。ダイビングもいろいろですが、とりあえずオーソドックス(?)っぽいのを3つアップしておきます。3つの動画とも、魚を見つけたら即ダイビングしています。この場所では、ホバリングしてからダイビングするよりも、ホバリングなしでいきなりダイビングすることのほうが多いです。
誤って削除したIDとともに消えた動画を一部ですが再アップしました。1つめと3つめの動画を再アップしています。

ダイビングの高さもいろいろですが、この動画ではわりと高いところから真っ直ぐ下にダイビングしています。自然落下にしては落ちる速度が速いようにも感じますが、やはり自然落下なのか、それとも羽ばたいて下向きに勢いをつけているのかは不明です。



2つめ、こちらも真下にダイビング。1つめと2つめの動画はどちらもダイビングを1回しかしていませんが、連続でダイビングすることもあります(3つめの動画)。




3つめは、短い間隔で3回ダイビングしています。この場所に小魚がたくさんいるんでしょうね。連続ダイビングの間隔はもっと短いこともあります。そんな場合は、水から上がってすぐに次のダイビングをしています。


Little tern, Panasonic Lumix FZ50



上の動画は3つとも最後までダイビングしていますが、途中でダイビングをやめることもあります。そんな場面や、斜めにダイビングするところも撮れているので近いうちにアップします。

焦点距離、すべて714mm
.
[PR]
by cbx400fk2 | 2009-06-04 23:57 | コアジサシ
夏羽の ユリカモメ。川で餌捕り
4月中旬になって成鳥のユリカモメは頭が黒い夏羽になっています。厳密に言うと黒ではなく濃い茶色かもしれません。そんなユリカモメさんの川での餌捕りを久し振りに撮りました。

水没中。毎度ながらダイビングしても水しぶきがあまり上がっていないのに感心します。コアジサシとは大違い。
e0088233_19551881.jpg

上の写真の約0.5秒後。餌をくわえています(下に拡大写真)。
e0088233_19554440.jpg

上の写真の部分拡大。くわえているのはたぶんゴカイだと思います。
e0088233_2071599.jpg

別のダイビングからの連写です。1枚めは餌を探しながらゆっくり飛んでいて、餌を見つけたばかりのところ。
e0088233_20161982.jpg

上の約0.5秒後。すでにダイビングしてますが、ここは水深が浅いので深く潜っていません。
e0088233_20165440.jpg

さらに0.5秒後。餌は見えませんが、既に口の中か、あるいは捕り損なったのかもしれません。
e0088233_20171540.jpg

さらに別のダイビングで餌捕りに成功した写真。餌をくわえています。成功率はけっこう高い感じです。餌が豊富なんですね。
e0088233_20342684.jpg

餌を探しながらゆっくり飛んでいるところ。足がだらんと下に下がっています。餌が見つかれば即ダイビングです。
e0088233_20453622.jpg
Black-headed gull, Panasonic Lumix FZ50

[PR]
by cbx400fk2 | 2009-04-22 20:50 | ユリカモメ