タグ:アクション ( 70 ) タグの人気記事
飛びながら○○をするコサギ
鳥さんの「飛びながら」シリーズ(笑)。飛びながらフンをするコサギです。フンする前に後ろに伸ばした足を左右に広げます。白い丸の鳥さん。連写3枚(2枚/秒)。FZ50での撮影です。

足を広げました。
e0088233_23214941.jpg

さらに広げました。真っ最中です。
e0088233_2383038.jpg

終了。白いものが落下中。
e0088233_2385358.jpg

上の写真ではわかりにくいので、上のそれぞれの写真の部分拡大をのせておきます。
e0088233_23415585.jpg
e0088233_23423845.jpg
e0088233_23425985.jpg
Little egret, Panasonic Lumix FZ50

いつだったか、飛び立って低空飛行でこちらに飛んでくるコサギが足を広げたときは「やばい!!」と思ったことがあります。このときは無事でしたが、無事でなかったこともあったのでした。そのときはコサギではなくてカワウでしたけど。落下物直撃という、それはもう恐ろしい出来事でした(笑)。

飛びながらフンするコアジサシはこちら。最後の写真。

焦点距離 1017mm。2007年11月撮影。
.
[PR]
by cbx400fk2 | 2012-02-12 23:58 | コサギ
飛びながら羽づくろい(?)しているヒドリガモ
飛んでいるヒドリガモさんたちの写真の中に、飛びながら羽づくろいのようなことをしている鳥さんを見つけました。

e0088233_1133455.jpg
Teal, Panasonic Lumix FZ150


実際は、羽づくろいではなくて、単にかゆいところをかいてるだけではないかと思います。こちらのコアジサシウミネコさんは、飛びながら足で頭をかいています。

焦点距離1219mmで撮影、部分切り取り(2043->1200)、2011年11月撮影。
.
[PR]
by cbx400fk2 | 2012-02-02 01:25 | カモ
イソシギの追い駆けっこ
本日予約投稿2つめ。追い駆けっこと言っても鳥さんの場合、飛んでいることが多いですが、この2羽のイソシギは文字通り走り回っての追い駆けっこです。この2羽に気がついてからこの場所を離れるまでの20分の間ずっと走り回っていました。その後どのくらい続いたかは知る由もありません。

e0088233_20595969.jpg
e0088233_2101974.jpg
e0088233_2105096.jpg
e0088233_21595491.jpg

追いかける鳥さんの華麗な(笑)コーナーワーク。1219mm撮影からの部分切り取り
e0088233_21451810.jpg
Common sandpiper, Panasonic Lumix FZ150

この追いかけっこは、何の根拠もありませんが、求愛行動の一種かなと思います。イソシギはこれまで川でも見ていますが、このような行動は初めて見ました。

焦点距離 1~3枚め 1219mm、4枚め 975mm。
5枚め ピクセル等倍表示。1219mmで撮った写真からの部分切り取り(2048の中の600)。この鳥さんにピントあってません。
.
[PR]
by cbx400fk2 | 2011-11-10 18:05 | シギ・チドリ
ハクセキレイ幼鳥の空中戦、成鳥も一緒
海岸にハクセキレイの幼鳥2羽と成鳥2羽がいました。そのうちの2羽の幼鳥が、追いかけっこや、たぶん遊びだと思いますが激しいバトルを何回もやっていました。幼鳥2羽のバトルが始まると、そのすぐそばに成鳥がやってきて、バトルをとめようとしているのかバトルに加わっているのか? そんな様子を連写に次ぐ連写で数百枚撮りました。とりあえず今日はほんの触りだけアップしておきます。

空中戦を始めた幼鳥2羽(左の飛んでいる2羽)と、それを見る2羽の成鳥(地面にいる2羽)。背景の青は海。
e0088233_23275497.jpg

この写真ではそうでもありませんが、空中戦はまさに取っ組み合いです。そんな様子の写真は後日アップします(枚数が多すぎて整理が大変...)
e0088233_23352068.jpg

取っ組み合ったまま地上へ。成鳥(右)がやってきて、ちょうど着地したばかりのところ。
e0088233_2337571.jpg

こちらは同じ鳥さんたちがですが、別の空中戦から。バトルする幼鳥2羽(右)とすぐそばにやってきた成鳥(左)。
e0088233_23451023.jpg
White wagtail, Panasonic Lumix FZ150

飛び回るハクセキレイの幼鳥はこちらにも。今日と同様、リンク先のハクセキレイの幼鳥のそばにも成鳥がいました。こちら(カメラ)を意識していない幼鳥と、こちらを気にしている成鳥というのもきょうと同じです。

焦点距離 1~3枚め 1219mm。4枚め 975mm。
.
[PR]
by cbx400fk2 | 2011-10-28 00:08 | ハクセキレイ
ムクドリの集団水浴び
川の土手道を歩いていると、2~300メートル先の水辺で黒い塊が動いているを発見。ムクドリが集団で水浴びをしていました。撮っているときは遠すぎてわかりませんでしたが、写真を見ると、湯煙ならぬ水しぶきのけむりで鳥さんたちの姿が霞んでいます。

水辺に集まるムクドリさんたち。すでに少数の鳥さんが水浴びを始めています。
e0088233_20491014.jpg

たくさんの鳥さんが水に入って水浴びを始めています。
e0088233_20493129.jpg

鳥さんたちが白く霞み始めました。鳥さんの水浴びで水が跳ね上げるのは何度も見ていますが、集団になると水けむりになるんですね。
e0088233_20501460.jpg

さらに数が多そうな様子の写真。横方向から望遠レンズで見ると鳥さん同士がぎっしり詰まっているように見えますが、実際は翼をばバタバタさせるくらいの距離は開いているのでしょうね
e0088233_20503032.jpg

一斉にやってきて、一斉に水から出ます。そんなことを何度か繰り返していました。
e0088233_20504233.jpg
Gray starling, Panasonic Lumix FZ150


焦点距離 975mm。ISO100、f/5.2、写真により1/125~200s
ホワイトバランス:オート (16時過ぎ、曇り)
フォトスタイル:ナチュラル(ノイズリダクション-1)。現在、設定模索中。
リサイズ以外無補正 (2560X1712->1024X685)
.
[PR]
by cbx400fk2 | 2011-10-19 20:54 | ムクドリ
イルカ(野生)が魚を口にくわえているところが撮れました
本日2つめ。当地の海(三河湾)はスナメリという小型のイルカの生息海域です。以前にもスナメリを目撃したり写真が撮れたりしたことがありますが、きょうはそのスナメリが魚を口にくわえているところが撮れました。連写や単写で数十枚写した中からの13枚。

スナメリは少なくとも2頭いました。スナメリに気がついてから、目の前に180度広がる海面の様子に目を凝らすこと20~30分。海面の様子から魚の群れがいることがわかりますが、単に魚の群れがいるだけのとはちょっと様子の異なる海面を発見。カメラを向けて連写を開始すると、予想的中! スナメリでした。
e0088233_0205059.jpg

跳ねている魚の下のグレーがスナメリ。
e0088233_23554062.jpg
e0088233_23572166.jpg
e0088233_2358170.jpg

魚を口にくわえているスナメリ。
e0088233_23581855.jpg
e0088233_235836100.jpg

くわえた魚を放した?
e0088233_23584945.jpg
e0088233_23591145.jpg
e0088233_23592560.jpg
e0088233_23593999.jpg

撮っているときはときは遠くて良くわからなかったのですが、こうして写真を見ると、捕まえた魚を食べる前に、その魚で遊んでいるように見えます。シャチが捕まえた獲物でそうしているのを動物番組で見たことがあります。それとも、魚をしっかりと捕らえるのに苦労しているだけかもしれません。
e0088233_23595798.jpg

どうなっているのかよくわかりませんが、魚の頭部はスナメリの口の中?
e0088233_001435.jpg

すぐ上の写真の約1分後。たぶん食後のはずです。
e0088233_003169.jpg
Finless Porpoise, Panasonic Lumix FZ150


すべてトリミング(2048X1360、1219mm相当)
オリジナル画像の焦点距離 624mmまたは975mm。撮影日は夕方・曇りのためにモノトーンのような画像に捕れているため、魚やスナメリが少しでも見やすくなるように補正してあります。 
.
[PR]
by cbx400fk2 | 2011-10-10 23:59 | 猫・犬・動物
チュウサギ
久しぶりに夏鳥のチュウサギさんの登場です。稲穂が伸びた水田で数羽のチュウサギが餌捕りしていました。

餌捕り場所を変えるためにちょっと移動。飛びってから着地するまでを連写した中から2枚。
e0088233_21162325.jpg
e0088233_21185228.jpg

チュウサギはダイサギとそっくりですが、名前のとおりダイサギよりも少し小さめです。普段からダイサギとコサギを見ているので、単独で見てもチュウサギと判別できるようになっています。チュウサギの全体像はこちら
e0088233_21195489.jpg

稲はずいぶん高くなっています。チュウサギさんが首を下げると完全に見えなくなります。目に入ったのは数羽だけでしたが、実際にはもっとたくさんのチュウサギが餌捕りしていたのだと思います。
e0088233_21244511.jpg

上の写真の部分切り取り。チュウサギはクチバシの合わせ目の線が目の下あたりまでしかないのがポイント。ダイサギはこの線が目よりも後ろのほうまで延びています。
e0088233_2128547.jpg

近くで餌捕りしていたチュウサギを追い払っているチュウサギ。サギ同士でよく見られる光景です。首を伸ばして下げているのがポイントです。ダイサギの場合コサギの場合
e0088233_21215053.jpg

鉄塔で休むチュウサギ。太陽に照らされて暑そうです。わざわざこんなところにいなくてもと思いますが。
e0088233_22383681.jpg
Intermediate egret, Panasonic Lumix FZ100

こんな感じの場所。水田は写真に収まっている範囲より左右にさらに広がっています。
e0088233_22493560.jpg


焦点距離 1枚めと2枚め 878mm、3枚め、4枚め、6枚め、7枚め 1053mm。8枚めは26mmで撮ったのをトリミング。
1枚め、2枚め、7枚め アンシャープマスク処理。
[PR]
by cbx400fk2 | 2011-09-01 22:19 | チュウサギ
ちょっと失礼します、の アオサギ
またまたこんな動画が撮れてしまいました。決して狙っているわけではありませんが、怪しい動きを察知すると撮影してしまいます。(画像はすべて動画のキャプチャー画像)

1枚めと2枚め、横歩きするアオサギさん。何か怪しいです。
e0088233_12361791.jpg
e0088233_12375655.jpg

3枚めと4枚め、立ち止まって腰を落とし始めるアオサギさん。ますます怪しい。
e0088233_12382987.jpg
e0088233_12384448.jpg

やはり(笑)。こんな動画、これで3つめです。1つめはこちら。2つめは...
e0088233_12431040.jpg

2つめは記事としてアップしてないので、ここに載せておきます(2010年9月撮影)。少し移動してこの場所に。
e0088233_2364554.jpg

腰を落としています。
e0088233_2372583.jpg
Grey Heron, Common Cormorant, Panasonic Lumix FZ100


焦点距離 すべて735mm。
[PR]
by cbx400fk2 | 2011-03-26 23:49 | アオサギ
水面から飛び上がった ヒヨドリ (街の鳥さんたち)(10/27追記)
本日2つめ。ヒヨドリが水面から飛び上がるのを目撃しました。水面で羽をばたつかせる小鳥に気づいたときは、溺れているように見えたので「救助せねば!!」と思いましたが、すぐに水面から飛び上がったので逆にびっくりしました。

水色の枠内にヒヨドリさん。写真では水浴びしているようにも見えますが、ここは鳥さんが立てるほど浅くないはずなので、水浴びではなかったはずです。(10/27追記。浅くないことを確認しました。写真追加)
e0088233_20503499.jpg

上の写真の鳥さんの部分の切り取り。手ブレのためボケボケですが、グレーの背中、茶色の翼、右側に尾羽、左に頭。
e0088233_20321915.jpg

水面から飛び上がった鳥さん。1枚めと3枚めの写真の位置関係は水色の矢印でわかります。
e0088233_20494098.jpg

ちなみに撮影場所はこんなところ。ビル街を流れる川です。観光船も通ります。ヒヨドリさんがいたのは矢印のあたり。川の反対側にいたので本当に溺れていても救助できないことは「救助せねば!」と思ったと同時にわかりました。
e0088233_21144079.jpg
Brown-eared bulbul, Panasonic Lumix FZ100


これまで地元の川や海、田んぼが鳥さんの撮影場所でしたが、これからは「街の鳥さん」もボチボチ撮っていこうと思います。街に出たついでに(笑)たまにはカバンに入れて持ち出してもいいと思えるようになりました。FZ100が1000ミリ超を撮るのにテレコン不要になったおかげです。

10/27追記
小鳥が水面に浮いた状態からダイレクトに飛び上がれるのが信じがたく、ひょっとしたらこのヒヨドリのいたところには何かあって浅くなっていたのかもしれないと思い、実際見に行って確かめてきました。その結果、ヒヨドリが水面にいたポイントには何もなく、ヒヨドリが立てるほど浅くないことを確認しました。やはり、このヒヨドリは水面に浮いた状態からダイレクトに飛び上がったということです。
e0088233_2354846.jpg


焦点距離 1枚めと2枚め 624mm、4枚め 120mm。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-10-18 21:54 | ヒヨドリ・イソヒヨドリ
後ずさりする アオサギ
本日2つめ。突堤の上から餌を狙っているアオサギさんです。このアオサギさん、突然後ずさりを始めました。アオサギの後ろにいるウミネコさんも、ちょっと首をかしげて「ん?」という感じ。いったい何をするのかというと... 動画を見てください(笑)。下の画像は動画から切り取った画像です。

e0088233_13231484.jpg



Grey heron, Panasonic Lumix FZ100


アオサギさんは.... フンをしました(笑)。どうしてわざわざ後ずさりするのか? まったく何の根拠もない推測ですが、ヒナのとき巣の上でフンをするときに巣を汚さないよう後ずさりしてお尻を巣から出してしていたのではないでしょうか。繰り返しますが単なる推測で、アオサギのヒナが実際にそのようにフンをするのかどうか知りません。

動画 AVCHD (1080i)、焦点距離 1249mm (735mm X 1.7 TCON17)
.
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-09-08 21:49 | アオサギ