教えてあげたい
2011年11月下旬に書きかけのままになっていたのをそのままアップします。内容をわかりやすく整理してからアップしようと思っていましたが、結局整理しないままになっていました。
未整理のままですが、そのままアップします。

===以下、2011年11月下旬の内容===

教えてあげたいことがあるのですが、伝えようがありません。教えてあげたい相手はこちら。

ヒドリガモさんです。春になっても帰らずにこの地でずっと過ごしていたようです。下の写真は(2011年)10月中旬の撮影。
e0088233_19361277.jpg

実はこのヒドリガモさんについては以前から気になっていたのでした。下の写真は(2011年)3月の撮影。まだ少数のヒドリガモが帰らずに残っています。「季節外れのオナガガモさん」もいます。
e0088233_19472159.jpg

上の写真と同じ時の撮影。右の翼が少し変です。すでにアップした写真にも、右の翼が変な、このヒドリガモさんは写っているのでした。気がついていましたが、はっきりしなかったので特に触れませんでした。
e0088233_2012561.jpg

春が過ぎてヒドリガモをこの場所で1羽も見なくなったので、右の翼が変なヒドリガモさんも無事帰れたのかなと思っていたのですが、9月にこの姿を見てから、やはり帰れていなかったことがわかったのでした。下の写真は(2011年)9月上旬の撮影。
e0088233_2014345.jpg

教えたあげたいことは、2枚めの写真を撮った場所にまたカモさんたちがやってきたことです。ヒドリガモでなくホシハジロですが。下の写真は(2011年)11月の撮影。
e0088233_20493589.jpg

港のホシハジロさん(右)やキンクロハジロさん(左)も、この場所によくいるようになりました。すぐ上の写真と同じときの撮影。
e0088233_20543692.jpg


右の翼が変なヒドリガモさんは、春になってこの場所で釣りをする人が多くなったためにこの場所を敬遠しているようで、春以降この場所では姿を見なくなりました。

1枚めの写真を撮った場所は季節外れのオナガガモさんの行動範囲なので、このヒドリガモと季節外れのオナガガモさんは互いに姿を見ているはずです。でも一緒には行動していないようです。オナガガモさんはこの場所にやってきています。そして、11月にやってきたホシハジロさんたちと一緒にいるのを見ています。このヒドリガモさんも早くこの場所にくればいいのにと思います。

===2011年11月下旬の内容はここまで==

本日の記述です。
このヒドリガモさんがこの場所にいて、他のカモさんたちに混じっているのを1月に入ってから見かけました。
.
[PR]
# by cbx400fk2 | 2012-01-28 18:41 | カモ
トビ
トビは飛んでいるところのほうが近い距離から撮れることが多いです。鳥さんのほうから近くを飛んでくれることがあるからです。

鳥さんは海上を飛んでいます。視線が鳥さんと同じような高さになってますが、ワタクシが堤防の上にいるからです。
e0088233_23463466.jpg
e0088233_1856795.jpg

以下は、旋回しながらこちらに近づいてくるところの連写。
e0088233_2348346.jpg
e0088233_1859799.jpg
e0088233_2349863.jpg
e0088233_2350527.jpg

以上の写真はトリミング(4000-->3274)してありますが、以下の写真からはトリミングなし。近づいているはずの鳥さんの大きさが前の写真とそれほど変わらないのはそのためです
e0088233_1901621.jpg
e0088233_23503368.jpg
e0088233_19341940.jpg
Black Kite, Panasonic Lumix FZ150

焦点距離 すべて624mmで撮影。
ただし、1~6枚め トリミング 4000x2672-->3274x2176(焦点距離 784m相当)
[PR]
# by cbx400fk2 | 2011-11-23 18:00 | トビ・ミサゴ・チョウゲンボウ
ハクセキレイ若鳥
色合いを補正したので少しわかりにくくなっていますが、頭部に黄色味があるので今年生まれのハクセキレイです。頭部の黄色味は3枚めの写真が幾分わかりやすいと思います。
e0088233_2231779.jpg
e0088233_2225770.jpg
e0088233_2201415.jpg

田んぼの間にある砂利敷きの道ですが、雨が降った後に比較的長く水溜りが残っていて、鳥さんたちがやってきます。
e0088233_2218061.jpg
White wagtail, Panasonic Lumix FZ150

こちらの水浴びするハクセレキイと同じ場所です。

焦点距離 すべて1219mm。
.
[PR]
# by cbx400fk2 | 2011-11-22 18:00 | ハクセキレイ
鳥さんたちの午後のくつろぎ
風のない長閑な平日の午後。ワタクシめも含めて浜に降りる人もなく、ユリカモメ、ウミネコ、コサギ(中央)さんたちがゆっくり寛いでいます。そんな鳥さんたちを見ていると、こちらもゆったりと落ち着いた気分になります。
e0088233_20294867.jpg
e0088233_20523178.jpg
Black-headed gull, black-tailed gull, little egret, Panasonic Lumix FZ150

焦点距離 328mm。
[PR]
# by cbx400fk2 | 2011-11-21 18:00 | ユリカモメ
ダイサギとカワウ
川にかかる水道橋の欄干にとまるダイサギとカワウ。写真の撮影角度によるものだと思いますが、カワウがすごく大きく見えます。

土手道を歩いているときにちょっと立ち止まって撮りました。2羽ともこちらを気にしているようです。数枚だけ撮ってすぐに歩き始めたので飛び立たせることはありませんでした。
e0088233_2314112.jpg

ダイサギが足を少し曲げていますが、これはフンをした直後で、フンするときに腰を落とすために足を大きく曲げていたのでした。ちなみに、アオサギがフンするところはこちらこちら
e0088233_1021179.jpg
Great egret, Common cormorant, Panasonic Lumix FZ150

焦点距離 975mm。
.
[PR]
# by cbx400fk2 | 2011-11-20 18:00 | ダイサギ
コサギとカワウ
それぞれ単独で水際の餌をとるコサギとカワウ。移動しているときにすれ違いますが、コサギはカワウが少し気になるようでした。

e0088233_11193529.jpg
e0088233_11204423.jpg
e0088233_11212513.jpg

カワウを振り返るコサギ。コサギ(アオサギやダイサギも)はカワウが餌を捕っているところに魚がいることを知っています。こちらこちらのようにカワウの後を追うことも。
e0088233_11215891.jpg

波打ち際で餌捕りするカワウ。こんな浅いところでも頭を完全に浸水させて餌捕りします。
e0088233_013752.jpg
Little egret, Common cormorant, Panasonic Lumix FZ150

[PR]
# by cbx400fk2 | 2011-11-19 18:00 | コサギ