カテゴリ:アヒル( 12 )
いつものアオクビアヒルさん
久々の「いつものアオクビアヒル」さんです。このアオクビアヒルさんの写真を撮り始めて5年半、川にいることに気がついてから少なくとも6~7年以上経ちましたが、まだまだ元気なようです。夏の間は羽模様がだらしない感じでしたが、最近はまたシャキッとした羽模様になりました。

こちらを見ています。白アヒルと一緒にいた頃は白アヒルと一緒に人のほうに寄ってくるほどでしたが、白アヒルと死別してカルガモといるようになってからは人を見ると逃げていきます。
e0088233_21503014.jpg

2羽のカルガモと一緒にいるところを見かける頻度が高いです。このときも、他のカルガモの群れと離れてこの3羽で一緒に行動していました。
e0088233_21524290.jpg

3羽はカルガモの群れに合流。
e0088233_21525958.jpg

一緒にならんでしばし羽繕い。穏やかな天気の下、きっと穏やかな気分でこのひと時を過ごしているのだと思います。
e0088233_2153182.jpg
Japanese Mallard Duck, Panasonic Lumix FZ150

台風による大雨で川が濁流となったり大雪で川が半分凍ったようなときも、もともと野鳥でない飛べないアオクビアヒルさんは無事それらを乗り切ってきました。これからもケガや病気をせずにできるだけだけ長く元気でいて欲しいものです。

焦点距離 1、2、4枚め 1219mm。3枚め 1266mm。
1~3枚め 超解像ON、4枚め OFF
.
[PR]
by cbx400fk2 | 2011-10-19 22:02 | アヒル
「いつものアオクビアヒル」さん (画像追加)
この3月で「いつものアオクビアヒル」さんの写真を最初に撮ってから丸5年になります。そのときとった写真に一緒に写っているシロアヒルはそれより大分以前から見かけていたので、気がつかなかっただけでアオクビアヒルさんもそのとき既にシロアヒルさんと一緒にいたものと思います。

e0088233_21103155.jpg
Japanese Mallard Duck, Panasonic Lumix FZ100


以下、追加画像
e0088233_18473488.jpg

岩の上にいるのはコガモさんたち。
e0088233_18481685.jpg

右にいるのは繁殖羽のカワウさん。
e0088233_18492085.jpg

こんな場所。1枚めの写真の、川のこちら側。撮影日時は異なります。
e0088233_18584767.jpg


水浴びするアオクビアヒルさん。風切り音と画面の揺れが激しいです。

Japanese Mallard Duck, Panasonic Lumix FZ100



焦点距離 1枚め 275mm、2~4枚め 878~1053、5枚め 412mm。
[PR]
by cbx400fk2 | 2011-03-06 21:54 | アヒル
いつもの アオクビアヒルさん
いつものアオクビアヒルさんです。カルガモの群れから少し離れて、2羽のカルガモと一緒にいました。カルガモの群れの中にいたり、1羽2羽のカルガモと一緒にいたりするところを見るのが多いです。

見ていた範囲では、2羽のうちの1羽だけのほうに関心が高いようにも感じました。
e0088233_20534460.jpg
e0088233_21222144.jpg

見ていた範囲では、カルガモの群れ(画面左上)が移動してもアオクビアヒルさんと2羽のカルガモは3羽だけ(画面右)で別行動していました。
e0088233_2123941.jpg
Japanese Mallard Duck, Panasonic Lumix FZ100

一緒にいるカルガモさんとどういう関係なのか不明です。

焦点距離 1枚めと2枚め 344mm、3枚め 315mm。1・2枚めと3枚めでは、撮影ポイント(鳥さんとの距離)が違っています。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-11-09 22:54 | アヒル
いつものアオクビアヒルさん
いつものアオクビアヒルさんです。他のカルガモの群れから数百メートル離れたところに、カルガモと2羽だけでいました。1、2枚めの写真の数日前にもカルガモと2羽で移動中のところを見ましたが、たぶん同じカルガモだと思います。アオクビアヒルさん、季節的に羽模様が違っています。
e0088233_22255117.jpg
e0088233_2226358.jpg

3~5枚めは6月中旬。カルガモ親子の近くにいましたが、子カルガモだけを追い払おうとするような仕草が見えました。
e0088233_22384329.jpg

親カルガモは子カルガモをかばうようにして、子カルガモとアオクビアヒルさんの間に入りました。アオクビアヒルさんはカメラに気づいてこちらを見ています。
e0088233_223908.jpg

アオクビアヒルさんはカルガモ親子を追うことはなく、カルガモ親子はその場から離れていきました。
e0088233_2239164.jpg

こちらは5月中旬。1羽でいるアオクビアヒルさん。1枚めと比べると羽模様の違いがわかります。
e0088233_22553367.jpg
Japanese Mallard Duck, Panasonic Lumix FZ50 & FZ7

1、3~5枚め、1017mm。2枚めだけ 797mm。
1枚めと2枚め、ISO400、アンシャープマスク処理。
7枚めだけFZ7、1010mmで撮影。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-07-30 22:49 | アヒル
いつもの アオクビアヒル さん 丸4年経ちました
久し振りに「いつものアオクビアヒル」さんです。このアオクビアヒルさんの写真を撮り始めてからこの3月で丸4年になります。最初はシロアヒルと一緒でしたが、シロアヒルがいなくなってからは、カルガモと一緒にいるのを見ます。アオクビアヒルさん、台風や大雪を乗り切ってきました。これからも少しでも長く元気でこの川にいて欲しいと思います。

2羽のカルガモと一緒。カルガモは番なのか、それとも雄同士、あるいは雌同士、いずれなのかはわかりません。
e0088233_23221896.jpg

お食事中の皆さん。川底には水草は生えていません。いったい何を食べているのかはっきりわかりませんが...
e0088233_22141166.jpg

タニシや貝なども食べるようなので、そういったのを捕っているのかもしれません。上の写真の動画。

Japanese Mallard Duck, SpotBill Duck, Panasonic Lumix FZ50


焦点距離、写真も動画も 714mm。
[PR]
by cbx400fk2 | 2010-03-22 00:45 | アヒル
先を急ぐ アオクビアヒルさん
本日2つめ。先を急ぐアオクビアヒルさんです。4月のことでしたが、普段あまり行かない、川の上流の土手道を歩いていると、アオクビアヒルさんを発見。向かい風の中、どんどん上流に向かっているではありませんか。そしてかなり急いでいるようです。ずっと上流ではその2か月ほど前に2羽のアオクビアヒルを目撃しているので、ひょっとしたらそのうちの1羽は実はこのアオクビアヒルさんだった?それを確かめられるかもしれないと思ったので、一緒に上流に進むことにしました。

水深が浅く足が届くところがあれば、そこを走っていました。やはり泳ぐよりは短い足でも走ったほが速そうです。
e0088233_235017100.jpg

一生懸命に泳ぐアオクビアヒルさん。向かい風の中とはいえ意外に速かったです。
e0088233_2351358.jpg

1キロほど後を付いて歩いて、その終点がこちら。あたりを探しているように感じられました。この場所は、カルガモがよくいる場所です。水鳥のいるポイントはおおむね決まっていて、当然ながらアオクビアヒルさんもそれらのポイントを知っているでしょう。
e0088233_23515139.jpg
Japanese Mallard Duck, Panasonic Lumix FZ50

写真には入っていませんが、カルガモは数羽いました。ここに来た目的が、カルガモのいるところに来ることだったのか、別の目的があったのかはわかりません。2羽のアヒルさんがいたのはもっと上流です。やはりこのアオクビアヒルさんは、上流で見たアオクビアヒルとは別の鳥さんなのか? 今のところ、別の鳥さんと思っていますが。

3枚めだけ 1273mm。1枚めと2枚めは 1017mm。撮影2009年4月。
[PR]
by cbx400fk2 | 2009-10-26 20:56 | アヒル
台風の後の アオクビアヒルさん
本日1つめです。10月の上旬に大型の台風が上陸しましたが、飛べないホシハジロオナガガモ、そしてアオクビアヒルさんのことが少し気になりました。ホシハジロとオナガガモさんは台風の後、わりとすぐに姿を見たのですが、アオクビアヒルさんは見ていなかったので少し気になっていました。写真は先週の撮影です。アオクビアヒルさんの無事な姿が見れて安心しました。台風は何度も経験済みなので大丈夫だろうとは思っていましたが。ちなみに大雪も経験しています。
e0088233_22544032.jpg

上の写真とは時間的に数分、場所的に十数メートルの違い。この写真を見ると、川は鳥さんだらけのような感じがするかもしれませんが、そんなことはなくて、数の少ない鳥さんがこの場所に集まっているだけです。見渡す限りほとんど水鳥の姿が見られないこともあります。
e0088233_23111465.jpg
Japanese Mallard Duck, Panasonic Lumix FZ50


アオクビアヒルさんは、カルガモと一緒にいるところを目撃することが多いです。1羽でいるところも見ますが、そういう場合はアオクビアヒルさんが好んで単独でいるというよりも、カルガモが飛んでいって取り残されたからではないかと思います。ちょうどそんな場面を目撃したことがあります。
[PR]
by cbx400fk2 | 2009-10-26 20:47 | アヒル
川の上流の アオクビアヒル
「いつものアオクビアヒルさん」ではありませんが、そのアオクビアヒルさんと同じ川の上流にいたアオクビアヒルのカップルです。同じ川なので、ひょっとしたら雄のほうはいつものアオクビアヒルさんが上流までやってきた?とも思いましたが、距離が離れすぎているし、いつものアオクビアヒルさんはその後もいつものあたりで見かけるので、やはり別の鳥さんのようです。

仲良く行動していました。あたりに民家がなく、ひとけもないからか、アヒルにしては人慣れしてないようでした。
e0088233_2172719.jpg

何やら食べていました。ずっとこうして2羽で過ごせていけますように。
e0088233_21893.jpg
Japanese Mallard Duck, Panasonic Lumix FZ50

2009年2月撮影、焦点距離2枚めは714mm。
[PR]
by cbx400fk2 | 2009-04-10 22:09 | アヒル
いつものアオクビアヒルさん
いつものアオクビアヒルさんです。数日前にもお元気そうなお姿を拝見していますが、写真はちょっと古いです。そのうち新しい写真を撮ろせていただこうと思います。
e0088233_22495381.jpg
Japanese Mallard Duck, Panasonic Lumix FZ50

2007年10月撮影。
[PR]
by cbx400fk2 | 2009-04-10 21:40 | アヒル
港の アオクビアヒル
港でアオクビアヒルを目撃しました。実は過去2~3年ほどの間に何回か見ています。目撃頻度の低さから、ひょっとしたら港の近所で買われていて、ときどき港に放されている?と思ったり、やはり港のどこかで暮らしてる野良アヒル?などと推測しますが実際のところは不明です。ちなみに、川のアオクビアヒルさんはよく目にしています。新しい写真をそのうちアップします。

あともう1羽、雌がいます。写真は撮り損ないましたが、左端の雄鳥さんが1羽の雌鳥さんの上にこんな感じで乗っかりました(^^;
e0088233_110195.jpg

船が来たら危ないように思いますが、アヒルさんたちも船に巻き込まれるほど不注意ではないんでしょうね。
e0088233_1142432.jpg
Japanese Mallard Duck, Panasonic Lumix FZ50
撮影時期?(後で書きます)
[PR]
by cbx400fk2 | 2009-04-10 01:36 | アヒル